タグ: 5月

有名人の命日:5月にお亡くなりになった方々の一覧です。 故人を偲ぶ、あなたの気持ちをお届けいたします。

パディ・ファヒーのお墓 追悼サイト

パディ・ファヒーは、アイルランドの作曲家。アイルランド伝統音楽のスタイルによるチューンの作曲家として、存命の人物の中で最も優れた1人と考えられていた。

フランク・ルーカスのお墓 追悼サイト

フランク・ルーカスは、ノースカロライナ州ラグランジ出身のアメリカ合衆国の人物。1960年代後半と1970年代前半のハーレムのヘロイン密売人で組織犯罪のボス。麻薬取引において中間業者を取り除き、直接供給源の東南アジアからヘロインを購入していたことで知られている。特に死亡したアメリカ兵の棺を使ってベトナムからヘロインを密輸していたエピソードは有名で、ルーカスを描いた2007年の映画『アメリカン・ギャングスター』でもその様子が描写されている。

川口衞のお墓 追悼サイト

川口 衞は、日本の建築構造家、構造エンジニア。法政大学名誉教授。株式会社川口衞構造設計事務所主宰。国際シェル・空間構造学会(IASS)元会長。工学博士。趣味特技に民謡。

栃本武良のお墓 追悼サイト

栃本 武良は、日本の生物学者。オオサンショウウオのフィールドワークを通じた研究の第一人者であった。

カーマイン・カリディのお墓 追悼サイト

カーマイン・カリディは、アメリカ合衆国の俳優。30年以上にわたり様々な役を演じ、また、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーから追放された最初の人物としても知られる。

加納弥生のお墓 追悼サイト

加納 弥生は、日本の元体操選手。國學院大學人間開発学部准教授。國學院高等学校、日本体育大学卒業。1970年代末期から1980年代初期に日本女子体操界で頂点に君臨した。元体操コーチ。現姓名は笹田弥生。

フランソワ・ヴェイエルガンスのお墓 追悼サイト

フランソワ・ヴェイエルガンスは、ベルギー出身のフランス語作家、映画監督。ベルギー・ブリュッセルにて、カトリック作家・映画評論家・出版人の父フランツ・ヴェイエルガンスと、フランス人の母ジャンヌとの間に生まれる。ブリュッセルのイエズス会系の学校を卒業したのち、1958年にパリの映画高等学院に入学、在学中は特にロベール・ブレッソンとジャン=リュック・ゴダールの映画にのめりこんだ。

クラウス・フォン・ビューローのお墓 追悼サイト

クラウス・フォン・ビューローは、デンマーク出身のイギリスの法律家、演劇評論家。妻マーサ・フォン・ビューロー(愛称サニー)にインスリンを過剰投与し殺害を図った容疑で起訴されたが、無罪となった。

蔡安邦(サイ・アンポウ)のお墓 追悼サイト

蔡 安邦は、日本の物理学者。東北大学教授。専門は準結晶。台湾雲林県北港鎮生まれ。台北工業専科学校卒業後、現地の日系企業に勤務したのち来日する。1994年、「準結晶に関する研究」で日本IBM科学賞を受賞。

マレー・ゲルマンのお墓 追悼サイト

マレー・ゲルマンは、アメリカ・ニューヨーク生まれの物理学者。表記はマレイまたはゲル=マンとも。1969年、「素粒子の分類と相互作用に関する発見と研究」でノーベル物理学賞を受賞。

ドゥシャン・ミタナのお墓 追悼サイト

ドゥシャン・ミタナは、スロバキアの小説家、ミステリー作家、脚本家。作品は17の言語に翻訳されている。代表作は『消えた作家を追って』、『スロバキアのポーカー』。社会の黒幕に立ち向かうアーティストやメディア関係の人間を好んで取り上げる。

北島政樹のお墓 追悼サイト

北島 政樹さんの残した言葉

「医師はつねに勉強に励み、「離婁」(仙人)のような千里眼を持ち、「麻姑」(仙女)のように痒いところに手が届くように患者に接し、天に反逆してでも長生きさせ、治療する努力すべきである。」

降旗康男のお墓 追悼サイト

降旗 康男さんの残した言葉

「映画には文章と違って『接続詞』がない。見る人の人生がそこを埋める。」