タグ: 2001年

ジョージ・ハリスンのお墓 追悼サイト

ジョージ・ハリスンさんの残した言葉

「If you don’t know where you are going, any road will get you there.」(どこに行くかなんて知らないとしてもだ、何かの道があなたを連れて行ってくれるよ)

杉浦忠のお墓 追悼サイト

杉浦 忠は、愛知県西加茂郡挙母町出身の元プロ野球選手・コーチ・監督、解説者・評論家。「史上最強のアンダースロー」「魅惑のアンダースロー」などと呼ばれた。

左幸子のお墓 追悼サイト

左 幸子さんの残した最後の言葉

「命懸けでやりなさい」(妹(左時枝)へ )

古今亭志ん朝(3代目)のお墓 追悼サイト

古今亭 志ん朝は、東京の落語家の名跡。3代目の死去に伴い、現在は空席。 5代目古今亭志ん生門下より生まれた名前であり、これまで名乗った3人は全員5代目志ん生を師匠に持っていた。 初代古今亭志ん朝 – 後の10代目金原亭馬生。3代目志ん朝は実弟。

團伊玖磨のお墓 追悼サイト

團 伊玖磨は、日本の作曲家、エッセイスト。日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。「團伊玖麿」は誤表記。

ジョーイ・ラモーンのお墓 追悼サイト

ジョーイ・ラモーンさんの残した言葉

「なんで上手に演奏しなくちゃいけないんだよ。俺たちはパンクなんだ。音楽やってるんじゃねえんだよ。上手くなるまで待ってたらジジイになっちまうよ!」

三波春夫のお墓 追悼サイト

三波 春夫さんの残した最後の言葉

「本当にたくさんの歌を一緒に作ったね。ママ、ありがとう。幸せだった…」(妻へ)

馬場のぼる のお墓 追悼サイト

馬場 のぼるは日本の漫画家・絵本作家。本名:馬場 登。 手塚治虫、福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれた。やがて大人漫画や絵本も執筆し、日本経済新聞の連載4コマ漫画『バクさん』、絵本『11ぴきのねこ』シリーズ等が代表作となった。

並木路子のお墓 追悼サイト

並木 路子は、日本の歌手。本名は南郷 庸子。東京浅草出身、台湾育ち。 松竹歌劇団の娘役スターとして、戦前から戦中戦後と活躍。戦後の混乱期に主演した松竹映画「そよかぜ」の挿入歌として歌った「リンゴの唄」が爆発的なヒットとなり、日本の代表的歌手と評されている。

桂三木助(4代目)のお墓 追悼サイト

4代目桂 三木助は、日本の落語家。東京都北区田端出身。本名は師匠である5代目小さんの本名と同姓同名の小林 盛夫。出囃子は「つくま」。立教高等学校、立教大学経済学部卒業。父は落語家3代目桂三木助。甥は2代目桂三木男。 落語協会所属。十八番ネタは「死ぬなら今」。