タグ: 1999年

渡辺はま子のお墓 追悼サイト

渡辺 はま子は戦前から戦後にかけて活躍した日本の流行歌手。神奈川県横浜市出身。本名 加藤 浜子。生涯横浜で過ごした。愛称は「おはまさん」。

カーティス・メイフィールドのお墓 追悼サイト

カーティス・リー・メイフィールドは、アメリカのミュージシャン、作曲家、マルチプレイヤー。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第40位。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第98位。

池田貴族のお墓 追悼サイト

池田 貴族さんの残した最後の言葉

「行かなくてもいいんじゃないか。ずっと一緒にいたいんだ」(娘のクリスマスプレゼントを買うために病室を出ようとする妻へ)

千秋実のお墓 追悼サイト

千秋 実さんの残した言葉

「カッコ悪くたっていいのだ。カッコ悪さを恐れてはいけない。恥ずかしがってはいけない。どんな格好でも真剣に生きる姿は美しいのだ。」

盛田昭夫のお墓 追悼サイト

盛田 昭夫さんの残した言葉

「マーケットサーベイ(市場調査)には頼らない。『あなたは何がいりますか』と聞いてつくっていたんでは遅いんですよ。」

「自分の正しいと思ったことはどんどんやれ。間違っていたら変えればいいだけだ。」

淡谷のり子のお墓 追悼サイト

淡谷 のり子さんの残した言葉

「ブルースの女王?それ、安っぽくてイヤな言葉。ねぇ、『のりちゃん』と呼んで。ジャズもシャンソンも好きだし、クラシックだってもう一度勉強し直したいな、って思ってるのよ。」

市川右太衛門のお墓 追悼サイト

市川 右太衛門は、日本の映画俳優。本名は淺井 善之助。愛称は「右太さん」。次男は俳優の北大路欣也。 戦前・戦後期の時代劇スターとして活躍し、同時代の時代劇スターである阪東妻三郎、大河内伝次郎、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。

柳原尋美のお墓 追悼サイト

柳原 尋美は、ハロー!プロジェクトの女性アイドルグループである、カントリー娘。の初期メンバーだった。千葉県出身。2017年2月現在、一連のハロー!プロジェクトのメンバーとしては唯一、鬼籍入りしたメンバーでもある。

別所毅彦のお墓 追悼サイト

別所 毅彦は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手・監督、野球解説者。 旧名および本名は「別所 昭」。愛称は「べーやん」「鬼軍曹」。 巨人時代に残した221勝は今も球団最多勝利記録。

村下孝蔵のお墓 追悼サイト

村下 孝蔵は、日本のシンガーソングライター。
「初恋」「踊り子」「ゆうこ」「陽だまり」などのヒット曲がある。
熊本県水俣市出身。
水俣市立水俣第一小学校、水俣市立水俣第一中学校、鎮西高等学校、日本デザイナー学院広島校インテリアデザイン科卒業。

東山魁夷のお墓 追悼サイト

東山 魁夷さんの残した言葉

「私は生かされている。野の草と同じである。路傍の小石とも同じである」

沖田浩之のお墓 追悼サイト

沖田 浩之は、日本の元アイドル、俳優。本名、置鮎 広之。愛称はヒロくん。神奈川県川崎市出身。神奈川県立川崎北高等学校卒業、青山学院大学経済学部経済学科中退。身長175cm、体重63kg。血液型はA型。 声優の置鮎龍太郎は親戚に当たる。

桜井長一郎のお墓 追悼サイト

桜井 長一郎は、日本の声帯模写芸人。東京都出身。東京演芸協会・第5代会長。 「声のスタイルブック」と称してモダンな語り口の漫談を交えながら、政治家、映画スター、楽器、動物まで、幅広いレパートリーの物真似を披露し人気を博した。

糸川英夫のお墓 追悼サイト

糸川 英夫さんの残した言葉

「頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するから、せっかくの新しいメッセージも届かない。」

山岡久乃のお墓 追悼サイト

山岡 久乃は、日本の女優。東京府東京市大森区馬込生まれ。身長162cm、体重49kg。趣味は乗馬、手芸。特技はスキー。「日本を代表するお母さん女優」と称され、テレビドラマの母親役で不動の地位を築いた。過去の出演作品については、権利継承者である養女から、オフィス天童に委任されている。

ジャイアント馬場のお墓 追悼サイト

ジャイアント馬場さんの残した言葉

「成り行きと言うと無責任なイメージを持つけどこれほど強いものはない。つまり、自然の流れに逆らわずに正直に生きるってこと。」