タグ: 散骨

和久峻三のお墓 追悼サイト

和久 峻三は、日本の推理作家、弁護士。本名は古屋峻三。別名として夏目 大介。写真家としての顔も持ち、日本図書館協会選定図書の写真集『日本の原風景』も発表している。

ホセ・フェルナンデスのお墓 追悼サイト

ホセ・フェルナンデスさんの残した言葉

「生まれながらにして自由だったあなた達には、自由が本当に意味することが何かは分からない。」

リッチー・ヘブンスのお墓 追悼サイト

リッチー・ヘブンスは、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のフォークシンガー、ギタリスト。 1969年8月15日の歴史的に有名な野外音楽フェスティバルウッドストック・フェスティバルのオープニングで歌ったことで有名。

梨元勝のお墓 追悼サイト

梨元 勝は、日本の芸能リポーター、タレント。株式会社オフィス梨元代表取締役社長、函館大学商学部客員教授などを歴任した。

深浦加奈子のお墓 追悼サイト

深浦 加奈子は、東京都出身の女優。様々な役柄をこなし、名脇役と評された。2005年まではシス・カンパニーに所属していた。

飯島夏樹のお墓 追悼サイト

飯島 夏樹さんの残した言葉

「困った時。ずっーと困った時の連続なんだよね人生は、結局。ある本に『今回悪かったから、次は絶対いいことがある、って思うのは違う。人生そんなに甘くない』とあった、俺も同感。悪いこと困難そのものも、そのまま受け取ること。『すべてのことは益となる』結局はこの言葉だろうな。」

中島らも のお墓 追悼サイト

中島 らもさんの残した言葉

「ただこうして生きてきてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいしかないかもしれないが、『生きていてよかった』と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。」

天本英世のお墓 追悼サイト

天本 英世は、日本の俳優。一時期、「あまもと えいせい」の読みを用いていたこともある。福岡県若松市出身。本籍は佐賀県鳥栖市。

リチャード・ハリスのお墓 追悼サイト

リチャード・ハリス は、アイルランドの俳優。また、歌手としても知られ、1968年に発表した「マッカーサー・パーク」は全米2位、全英4位を記録した。

ジョージ・ハリスンのお墓 追悼サイト

ジョージ・ハリスンさんの残した言葉

「If you don’t know where you are going, any road will get you there.」(どこに行くかなんて知らないとしてもだ、何かの道があなたを連れて行ってくれるよ)

荒井注のお墓 追悼サイト

荒井 注さんの残した最後の言葉

「今度は医者の言うことをよく聞いて、早く飲んでも良いってお墨付きをもらってくるから、一緒に飲もう」(いかりや長介へ)

糸川英夫のお墓 追悼サイト

糸川 英夫さんの残した言葉

「頭の中に古い考えが頑張っていると、新しい情報が入ってくるのを拒否するから、せっかくの新しいメッセージも届かない。」

マービン・ゲイのお墓 追悼サイト

マーヴィン・ゲイさんの残した言葉

「If you cannot find peace within yourself,you will never find it anywhere else.」(自分の中で平和を見つけることができないなら、他のどこにでも見つけることはできない)

ジャニス・ジョプリンのお墓 追悼サイト

ジャニス・ジョプリンさんの残した言葉

「自分で自分が信じられなくなるようなことをしちゃだめ。あなたのすることがすべてあなたそのものなのよ。」