タグ: 大腸がん

ウィリアム・ゴールドマンのお墓 追悼サイト

ウィリアム・ゴールドマンは、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の脚本家・小説家・劇作家。兄のジェームズ・ゴールドマンも作家。ドイツ系ユダヤ人出身。 オベリン大学とコロンビア大学で学ぶ。5冊の小説と、3つの戯曲を書いた後に脚本家となり、1969年の『明日に向って撃て!』

崔仁勲のお墓 追悼サイト

崔 仁勲は、韓国の小説家。咸鏡北道会寧郡出身。崔の戯曲は説話や伝説のストーリーを現代的に変形して、自己発見という新しい意味と価値を見つけるところが特徴である。

岸信行のお墓 追悼サイト

岸 信行は、日本の空手家。極真会館出身で、独立後、山形県新庄市に本部を置く岸空手道場の師範を務めた。

笹井一個のお墓 追悼サイト

笹井一個のお墓 追悼サイト

笹井 一個は、日本のイラストレーター。 静岡県出身。大学の建築科を中退後、ソニー・コンピュータエンタテインメントのICOに携わる。

大家仁志のお墓 追悼サイト

大家 仁志は、日本の男性俳優、声優、ナレーター。長野県松本市出身。身長172cm、体重60kg、血液型はA型。劇団青年座所属。

つかじ俊のお墓 追悼サイト

つかじ俊のお墓 追悼サイト

つかじ俊は、日本の漫画家。「きょうのきゅうしょく!」で知られる。

デイヴィッド・マスランカのお墓 追悼サイト

デイヴィッド・マスランカは、アメリカの作曲家。マサチューセッツ州ニューベッドフォード生まれ。ミシガン州立大学出身。1961年から1965年までオベリン大学音楽院でジョゼフ・ウッドに作曲を学び、音楽の学士号を取得。これまでオーケストラ、声楽、室内楽、吹奏楽など様々なジャンルを作曲。

ジョン・ウェットンのお墓 追悼サイト

ジョン・ウェットンさんの残した言葉

「何かをするためには、強力な欲求が必要だ。欲求があれば、他のことは自ずと解決がつく。これまでの自分の人生では、大概そのとおりになったよ。意志あるところに道は開かれるってやつさ。」

十勝花子のお墓 追悼サイト

十勝 花子は、北海道河東郡上士幌町出身の日本の女優、タレント。本名は加藤 恵子。旧姓は佐藤。愛称はトカチン。娘は、令子一人。

ダニエラ・デッシーのお墓 追悼サイト

ダニエラ・デッシーは、イタリアのソプラノ歌手。 ジェノヴァの生まれ。パルマ音楽院とシエナのキジアーナ音楽院にて学ぶ。1980年にイタリア放送協会主催の国際声楽コンクールで優勝し、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージの《奥様女中》でデビューを飾った。

中村紘子のお墓 追悼サイト

中村 紘子さんの残した言葉

「褒められると、眠っていた未知の能力さえもがうれしさの余り目覚めて、更に良い結果を生みだす。人の能力というものは、褒められることを栄養分として育っていくところが確実にあるのだ。」

今井雅之のお墓 追悼サイト

今井 雅之さんの残した言葉

「俺、死ぬこと 全然怖くないんだよ。あっちの世界に行くのが楽しみなんだよ。…贅沢言えば来年もう一度『桜』をみたいな。」

郭芝苑のお墓 追悼サイト

郭 芝苑は、台湾の作曲家。 苗栗県苑裡鎮出身。1935年、東京の錦成中学に入学した。音楽教師からハーモニカを学び、卒業の年には東京の中学生ハーモニカコンクールで一等賞を獲得した。1941年、東洋音楽学校に入学。

榎本喜八のお墓 追悼サイト

榎本 喜八さんの残した言葉

「目でボールを見るんじゃなくて、臍下丹田でボールをとらえているから、ゆっくり振っても精神的に間に合うんです。ちょうど夢を見ているような状態で打ち終わる。」