タグ: 呼吸不全

ウィリー・ナオルスのお墓 追悼サイト

ウィリー・ナオルスはアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。テキサス州ダラス出身。全盛期をニューヨーク・ニックスで過ごし、キャリア終盤はボストン・セルティックスにて3度の優勝に貢献した。

中村昌生のお墓 追悼サイト

中村 昌生は、愛知県出身の日本の建築家、建築学者。京都工芸繊維大学名誉教授、福井工業大学名誉教授。京都伝統建築技術協会を設立、理事長を務める。専攻は日本建築。工学博士。桂離宮修理事業をはじめとして伝統建築の保存に貢献した。

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美 魚目は、愛知県出身の俳人、書家。本名は和男。名古屋市生まれ、愛知県第一中学校卒。19歳のとき父・野生の勧めで俳句をはじめ、翌年より「ホトトギス」に投句、高濱虚子、橋本鶏二に師事。また「牡丹」「桐の葉」でも学ぶ。1954年、愛知県愛知郡鳴海町にて書道塾を開く。

クラウディオ・シモーネのお墓 追悼サイト

クラウディオ・シモーネはイタリアの指揮者。 パドヴァの出身。クレモナ大学とミラノ音楽院に学んだあと、ヒルヴェルサムでフランコ・フェラーラ、ザルツブルクでカルロ・ゼッキの各氏に指揮法を学び、ディミトリ・ミトロプーロスの薫陶も受けた。

鈴木智のお墓 追悼サイト

鈴木 智は、宮城県出身の俳優。東京都立明正高等学校出身。劇団民藝所属。1956年、『遠い凱歌』で初舞台を踏み、映画やテレビドラマにも出演した。身長190cm。特技は狂言。

日野原重明のお墓 追悼サイト

日野原 重明さんの残した言葉

「あなたに夢がなくなったとき、あなたの人生の半分を失います。あなたに勇気が無くなった時、あなたの人生の全てを失います。」

大岡信のお墓 追悼サイト

大岡 信さんの残した言葉

「クモの糸は、雨がかかって露がキラキラしているところが美しい、というような把え方もあるけれども、それより風に破れやすくてはかないところに一種の美がある。」

ジョン・サーティースのお墓 追悼サイト

ジョン・サーティースは、イギリス・イングランド出身のレーサー。2輪のロードレース世界選手権と、4輪のフォーミュラ1の両方で世界チャンピオンになった唯一のレーサーである。「ビッグ・ジョン」、「怖いもの無しのジョン」の異名を取る。日本では「サーティーズ」と表記される場合もある。

アル・ジャロウのお墓 追悼サイト

アル・ジャロウはアメリカのジャズ・ボーカリスト。ポップ分野でも活躍。 広い声域に、ソフトかつ伸びやかな歌声と卓越したボーカル・テクニックを持ち、中でもスキャットは特技ともいえるほど優れた個性を確立した。

百瀬明治のお墓 追悼サイト

百瀬明治のお墓 追悼サイト

百瀬 明治は、日本の著作家。25歳で青春小説でデビュー。平凡社で『季刊歴史と文学』の編集長を務め、38歳から歴史作家として、会田雄次、邦光史郎との共著などを含めて活動を始める。仏教史、宗教史への関心が深い。

平良とみ のお墓 追悼サイト

平良 とみは、日本の女優。本名、平良 とみ子。旧姓:比嘉。愛称は、おばぁ。 沖縄県那覇市松山町出身。ACO沖縄所属。平良トミ名義を使用していたこともあった。

柳原良平のお墓 追悼サイト

柳原 良平は、日本のイラストレーター、漫画家、アニメーション作家、エッセイスト。東京都出身。神奈川県横浜市中区在住。「アンクルトリス」の産みの親として、また無類の船好きとしても知られる。過去には「帆船日本丸記念財団」の理事も務めていた。西村捨三のひ孫。

入船亭扇橋(9代目)のお墓 追悼サイト

9代目入船亭 扇橋は、東京都青梅市出身の落語家。本名は橋本 光永。落語協会会員(相談役)。10代のころから俳句を嗜み「光石」の俳号を持つ俳人でもあり「東京やなぎ句会」の宗匠、俳人協会の会員でもあった。出囃子は『にわか獅子』。

河野多恵子のお墓 追悼サイト

河野 多惠子さんの残した言葉

「現実には、幸福と不幸とは一本の線で区切るように対象的な別個の状態を示しているわけではない。幸福感にしろ不幸感にしろ、当人の置かれている状態には変化はないのに感じ方が変化することはあり得るのである。」

「全て自信作です」

中島啓江のお墓 追悼サイト

中島 啓江さんの残した言葉

「私はこの体型が気に入っている。ダイエットなんて考えたこともない。それが私の生き方。」

「ありがとうは魔法のことば。」