タグ: イギリス・ロンドン

スティーヴン・ホーキングのお墓 追悼サイト

スティーヴン・ホーキングさんの残した言葉

「体に障害がある人に送るアドバイスは、自分ができることに集中し、できなかったことを後悔する必要はないということ。体だけではなく、心までも無力になってはダメだ。」

ジョージ・マイケルのお墓 追悼サイト

ジョージ・マイケルさんの残した言葉

「I have never thought about my sexuality being right or wrong. To me it has always been a case of finding the right person.」(僕は、自分の性的指向が正しいか間違っているかなんて考えたことがない。僕はずっと、運命の相手を見つけようとしてきただけ。)

ピート・バーンズのお墓 追悼サイト

ピート・バーンズは、イギリス出身のシンガーソングライター。イギリスのハイエナジーバンド「デッド・オア・アライヴ」のリーダーでありボーカルを務めている。妖艶なルックスに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的。

リンジー・ディ・ポールのお墓 追悼サイト

リンジー・ディ・ポールはイギリスの歌手。ソングライターとして活動したのち、1972年に『シュガー・ミー』で歌手デビューを果たした。1973年にリリースしたシングル『夢のパートナー』と74年に発表した『ノー・オネストリー』で、アイヴァー・ノヴェロ賞を2年連続で受賞した。日本でヒットした『恋のウー・アイ・ドゥ』はフィル・スペクターへのオマージュとなっている。リンゴ・スターやショーン・コネリーといった著名人とのロマンスでもよく知られたが、生涯結婚することはなかった。

アリス・ヘルツ=ゾマーのお墓 追悼サイト

アリス・ヘルツ=ゾマーはチェコ出身のピアニスト。第二次世界大戦中にテレージエンシュタット強制収容所に収容され、ホロコーストから生還した世界最高齢の人物といわれた。 1944年に夫がテレージエンシュタット強制収容所で死去するも、自身は生還。1949年3月、イスラエルへ移住。

フレディ・マーキュリーのお墓 追悼サイト

フレディ・マーキュリーさんの残した言葉

「As far as I always am honest, have a pain and live for myself, I’d like to enjoy a life greatly.」(僕はいつも自分に正直でいたいし、生きてる限りは人生を大いに楽しみたいんだ。)