カテゴリー: 脚本家

グロリア・カッツのお墓 追悼サイト

グロリア・カッツは、アメリカ合衆国の脚本家・映画プロデューサー。 ロサンゼルス出身。ユダヤ系。ジョージ・ルーカスの補佐で知られ、夫のウィラード・ハイクと共に『アメリカン・グラフィティ』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』などに参加した。

ウィリアム・ゴールドマンのお墓 追悼サイト

ウィリアム・ゴールドマンは、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の脚本家・小説家・劇作家。兄のジェームズ・ゴールドマンも作家。ドイツ系ユダヤ人出身。 オベリン大学とコロンビア大学で学ぶ。5冊の小説と、3つの戯曲を書いた後に脚本家となり、1969年の『明日に向って撃て!』

石原武龍のお墓 追悼サイト

石原 武龍は、日本の脚本家。静岡県生まれ。武蔵工業大学出身。 かつては本名の石原純一や石原武竜の名義でも執筆していた。

布勢博一のお墓 追悼サイト

布勢 博一さんの残した言葉

「言葉というのは便利なものだ 口先だけなら何とでも言える。」

橋本忍のお墓 追悼サイト

橋本 忍さんの残した言葉

「人は子供の頃から勉強する。なにかを教わる。たくさんの知識を得る。しかし創造力についてはなにも勉強していない。だから、自分の批判力は自分の創造力を遥かに上回ってしまう。だから、自分を批判していてはシナリオなんか書けない。極端に言うとシナリオは、批判力をゼロにした時にはじめて生まれる。そう、下手に、楽に書け。」

ジョシュ・グリーンフェルドのお墓 追悼サイト

ジョシュ・グリーンフェルドはアメリカの作家、脚本家。マサチューセッツ州モールデン出身。 1974年の映画『ハリーとトント』の脚本を書き、アカデミー賞候補となったことで最も有名。作家としては、自閉症の次男ノアを描いた数々の作品で知られる。米谷ふみ子の夫。カール・タロウ・グリーンフェルドの父。

早坂暁のお墓 追悼サイト

早坂 暁さんの残した言葉

「夢です。夢がなくては、人は大きくならん。米や魚は体を大きくするだけだよ。」

島田満のお墓 追悼サイト

島田 満は、日本の女性脚本家、日本脚本家連盟理事。 テレビアニメを執筆の中心にし、1980年代前半のデビューから、2000年代まで30年以上第一線で活躍するベテラン。代表作はテレビアニメ『ロミオの青い空』など。一時期“しまだみちる”名義で活動していた時期があった。

トビー・フーパーのお墓 追悼サイト

トビー・フーパーは、米国テキサス州出身の映画監督・脚本家。ホラー映画の巨匠として有名。 短編映画の製作などを経て1974年に『悪魔のいけにえ』で監督デビュー。同作を始め『ポルターガイスト』、『スペースバンパイア』など、数多くのホラー映画のヒット作を生みだした。

松木ひろし のお墓 追悼サイト

松木 ひろしは、東京都出身の脚本家。本名は松木 弘。「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」などのコメディードラマで知られる。

メリッサ・マシスンのお墓 追悼サイト

メリッサ・マシスンはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の脚本家。1982年の『E.T.』でアカデミー脚本賞にノミネートされた。 私生活では1983年に俳優のハリソン・フォードと結婚し子供を二人もうけたが、2004年に離婚した。

ジョン・ギラーミンのお墓 追悼サイト

ジョン・ギラーミンはイギリスの映画監督・脚本家・プロデューサー。ロンドン出身。 キャリアの大部分はアクションアドベンチャー大作の制作に携わり、特に1950年代終盤から1970年代にかけては数々の話題作を手がけた。