カテゴリー: ロック

ジンジャー・ベイカーのお墓 追悼サイト

ピーター・エドワード“ジンジャー”ベイカーは、イギリスのドラマー、ロックバンドクリームのオリジナルメンバー。彼の1960年代の仕事はジャズのバックグラウンドにアフリカン・リズムを融合させた彼独自のスタイルで「ロック界における最初のスーパースタードラマー」の名声を得た。彼はまたジャズ・フュージョンやワールド・ミュージックのジャンルにおけるドラム演奏の先駆者としてクレジットされている。

リック・オケイセックのお墓 追悼サイト

リック・オケイセックは、アメリカのミュージシャン、プロデューサー。ロックバンド、カーズのリードヴォーカリストとして、ベンジャミン・オールと共に知られており、リズムギターと作曲を担当している。メリーランド州ボルチモア生まれ。

ペギー・スー・ゲロンのお墓 追悼サイト

ペギー・スー・ゲロンは、バディ・ホリーの名曲「ペギー・スー」のモデルで知られる。クリケッツのドラマーであったジェリー・アリソンのガールフレンド(後の妻)である。

ヴィニー・ポールのお墓 追悼サイト

ヴィニー・ポールさんの残した言葉

「やたらと変化したがるミュージシャンというのは、自分達に自信がないのさ。誠意を持って音楽を作っていないから、周りにいる業界人、例えばレコード会社やMTVの人間の意見に合わせて変化してしまうんだ。」

D・J・フォンタナのお墓 追悼サイト

D・J・フォンタナと通称される、ドミニク・ジョセフ・フォンタナは、14年間にわたってエルヴィス・プレスリーのドラマーを務めたことで知られる、ルイジアナ州シュリーブポート出身のアメリカ合衆国のミュージシャン。フォンタナは、プレスリーがRCAレコードで吹き込んだ曲のうち、460曲以上に演奏を残した。

ジョン・ハイズマンのお墓 追悼サイト

ジョン・ハイズマンは、イングランド・ロンドン出身のミュージシャン、ジャズ・ロックドラマー、音楽プロデューサー。 プログレッシブ・ロックバンド「コロシアム」のリーダーで知られる。

ジョシュ・マーティンのお墓 追悼サイト

ジョシュ・マーティンはアナル・カントのギタリスト。1996年に加入して、2001年まで活動している。その後2006年にバンドに再加入して、フロントマンのセス・パットナムが亡くなってバンドが解散した2011年までバンドに参加していた。

パット・トーピーのお墓 追悼サイト

パット・トーピーさんの残した言葉

「バンドにとって大事なのは、皆が同じ方向で考えていることだと思う。何人もが集まった時に、全員が同じ方向で物事を考えていれば、凄いパワーが生まれるよ。」