カテゴリー: R&B

チャールズ・ネヴィルのお墓 追悼サイト

チャールズ・ネヴィルは、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのネヴィル家4兄弟が1977年に結成したR&Bバンド、ネヴィル・ブラザーズのサックス担当。

ファッツ・ドミノのお墓 追悼サイト

ファッツ・ドミノさんの残した言葉

「俺はいつも客にわかってもらえるように演っているつもりだ。聴こえんようなやり方などしちゃいないぜ!歌詞を聴いてもらいたいからな。マイクの調子が悪いってこともあるかもしれん。ああ、きっとそうだ!」

リオン・ウェアのお墓 追悼サイト

リオン・ウェアはアメリカ合衆国デトロイト出身のソウル・R&B歌手、作曲家、プロデューサーである。メロウでロマンティックな楽曲を作り、官能的な世界を歌うことで日本でも人気がある。

バーニー・ウォーレルのお墓 追悼サイト

バーニー・ウォーレルは、アメリカ合衆国のミュージシャンでキーボーディスト、オルガニスト、アレンジャー。ニュージャージー州ロングブランチ生まれ、ニュージャージー州プレインフィールド育ち。Pファンク主要メンバーの一人。

アラン・トゥーサンのお墓 追悼サイト

アラン・トゥーサン は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのピアニスト、歌手、ソングライター、プロデューサー、アレンジャー。自らの演奏活動の他に、特に1960年代から70年代にかけて数多くのアーティストのプロデュース、作曲、編曲を手がけ、ニューオーリンズのR&Bシーンを影から支えてきた。

パーシー・スレッジのお墓 追悼サイト

パーシー・スレッジは、アメリカ合衆国の歌手。R&B/ソウルの分野で活動し、1966年に「男が女を愛する時」を大ヒットさせた。2005年にはロックの殿堂入りを果たしている。

ホイットニー・ヒューストンのお墓 追悼サイト

ホイットニー・ヒューストンさんの残した言葉

「とにかく、始めることが行動の原動力であり、始めさえすれば、それだけで行動の半分を達成したことになると思うの」

レイ・チャールズのお墓 追悼サイト

レイ・チャールズさんの残した言葉

「盲目だが不自由じゃない。盲目でいいんだ、魂が見えるから。」

「君たちは目が開いているのに、何にも見えないんだな。」

マービン・ゲイのお墓 追悼サイト

マーヴィン・ゲイさんの残した言葉

「If you cannot find peace within yourself,you will never find it anywhere else.」(自分の中で平和を見つけることができないなら、他のどこにでも見つけることはできない)

ミニー・リパートンのお墓 追悼サイト

ミニー・リパートンさんの残した最後の言葉

「私が黒人だから、みんな は私がブルースを歌うべきだと言うの。でも、私にはブルーに落ち込むような ことは何一つないの。ブルースは、悲しい感情で歌わなければならない。でも、 私はハッピーな人間」