カテゴリー: フォーク

はしだ のりひこ のお墓 追悼サイト

はしだ のりひこは日本のシンガーソングライター、フォークシンガー。京都府京都市生まれ。同志社高等学校、同志社大学神学部。8年+休学で10年在籍、期間満了で退学。身長163cm。愛称はのりちゃん。娘は舞台女優の端田新菜。

加川良のお墓 追悼サイト

加川 良さんの残した言葉

「青くなって尻込みなさい。逃げなさい隠れなさい。死んで神様と言われるよりも生きてバカだと言われましょうよネ。きれいごと並べられた時も、この命を捨てないようにネ。青くなって尻込みなさい。逃げなさい隠れなさい。」

りりィのお墓 追悼サイト

りりィは、日本のシンガーソングライター・女優。本名、鎌田 小恵子。福岡県福岡市生まれ、小学校3年から東京で育つ。アルファーエージェンシー所属。音楽のほか女優としても活躍し、ドラマ・映画・CMに多数出演した。 長男は、ロックバンド・FUZZY CONTROLのJUON。

ジョン・レンボーンのお墓 追悼サイト

ジョン・レンボーンは、イギリスのギタリストであり作曲家。ペンタングルにおける活動、ならびに、バート・ヤンシュとの共演は有名。また、バンド活動以前より、またバンド活動中も並行して、ソロ活動を続けていた。

堀内護のお墓 追悼サイト

堀内 護は、日本の男性歌手、音楽指導者。通称・MARK。かつては日高富明と高校時代からの友人松崎しげるともに「ミルク」の一員。その後、日高と大野真澄とガロを結成。

ピート・シーガーのお墓 追悼サイト

ピート・シーガーはアメリカ合衆国のフォーク歌手である。20世紀半ばのフォーク・リバイバル運動の中心人物の一人である。 第二次世界大戦前の1940年代から全国放送のラジオで活躍し、1950年代はじめにはウィーバーズの一員として一連のヒット作を出した。

李泰祥(リー・タイシャン)のお墓 追悼サイト

李 泰祥は、台湾アミ族のミュージシャン、フォークソングライターである。台東庁台東郡台東街出身。代表作は『橄欖樹』、『歓顔』、『你是我所有的回憶』、『一條日光大道』、『錯誤』、『告別』など。

リッチー・ヘブンスのお墓 追悼サイト

リッチー・ヘブンスは、アメリカ合衆国ニューヨーク出身のフォークシンガー、ギタリスト。 1969年8月15日の歴史的に有名な野外音楽フェスティバルウッドストック・フェスティバルのオープニングで歌ったことで有名。

高田渡のお墓 追悼サイト

高田 渡さんの残した言葉

「大事なのは最初は学生が疑問を持つ。次に労働者が疑問を持つ。次のその嫁さんとかお母さんが握り飯を握った時に世の中が変わる」

坂庭省悟のお墓 追悼サイト

坂庭 省悟は日本のブルーグラス歌手、フォークシンガー、作曲家。 高石ともや、杉田二郎、はしだのりひこらとともに関西フォークシンガーの旗手的な役割をなした。