カテゴリー: 音楽

ジャン・ギユーのお墓 追悼サイト

ジャン・ヴィクトル・アルテュール・ギユーは、フランスの作曲家、オルガン奏者。
アンジェ出身。パリ音楽院でマルセル・デュプレ、モーリス・デュリュフレとオリヴィエ・メシアンの各氏の薫陶を受ける。1955年からリスボンの教会音楽学校でオルガンと作曲を教え、1962年に帰国して2015年までサントゥスタッシュ教会のオルガニストを務めた。1970年から2005年までチューリヒ音楽院でオルガンのマスター・クラスを開講していた。

栗本尊子のお墓 追悼サイト

栗本 尊子は、日本の声楽家・音楽指導者。夫は声楽家の栗本正。二期会名誉会員本名栗本尊〈くりもと・たか〉。

ウジ・ヴィーゼルのお墓 追悼サイト

ウジ・ヴィーゼルは、イギリス委任統治領パレスチナ出身のチェロ奏者。テルアビブの生まれ。アメリカでフェリックス・サモンドやバーナード・グリーンハウスの指導を受け、1953年にピアティゴルスキー賞を受賞。1954年にジュリアード音楽院を卒業し、短期間プラドのパブロ・カザルスの薫陶を受けた。1957年のモスクワ国際音楽コンクール、1961年のパブロ・カザルス国際チェロ・コンクールのそれぞれに上位入賞を果たした。1965年からテルアビブ大学で後進の指導に当たった。

テオ・アダムのお墓 追悼サイト

テオ・アダムは、バス・バリトンの音域をもつドイツの著名な声楽歌手。オペラ、歌曲、カンタータの分野で幅広く活躍。1955年に宮廷歌手の称号を授与された。

大中恩のお墓 追悼サイト

大中 恩さんの残した言葉

「歌で一番大切なものは詩だと思っています。時々先に曲を作ることもありますが、やはり先に詩があって、その詩に感動して作曲家が曲をつくるものだと思うのです。」

川崎優のお墓 追悼サイト

川崎 優は、日本の作曲家、指揮者。父はオペラ歌手の川崎豊。70年の大阪万博の「万国博マーチ」や、毎年8月63日の広島平和記念式典で流される「祈りの曲第1『哀悼歌』」を作曲した。

前田憲男のお墓 追悼サイト

前田 憲男さんの残した言葉

「リズムが興味があったら、リズムから聴く――ということはやりますね。あと、バッググラウンドがどう動いてるか。メロディは一番最後。どうでもいいの、あれは(笑)」

ハロルド・ファーバーマンのお墓 追悼サイト

ハロルド・ファーバーマンはアメリカ合衆国の指揮者・作曲家・打楽器奏者。 打楽器をジュリアード音楽学校で学び、作曲をニューイングランド音楽院やタングルウッド音楽センターでアーロン・コープランドに師事する。1951年にボストン交響楽団に、正規の最年少の楽団員として入団する。