カテゴリー: 作家

内田庶のお墓 追悼サイト

内田 庶は、日本の児童文学作家、翻訳家、著作権コンサルタント、実業家。日本ユニ著作権センター代表理事理事兼顧問著作権相談員。本名は宮田 昇。1953年、明治大学文学部文学科中退。

堺屋太一のお墓 追悼サイト

堺屋 太一さんの残した言葉

「何でも自分で決められる、ということは、自分で決断することに慣れていない人にはつらい。籠の中に飼われていた鳥は、籠から急に出されたらどこへ行っていいかわからない。」

キャロル・エムシュウィラーのお墓 追悼サイト

キャロル・エムシュウィラーはアメリカのSF作家。ミシガン州生まれ。夫のエド・エムシュウィラーもSF界ではイラストレーターとして有名。少女期をフランスで過ごしたために、アメリカ帰国後の英語の成績が振るわなかったという。ミシガン大学で美術を専攻し、この際にエドと知り合う。

橋本治のお墓 追悼サイト

橋本 治さんの残した言葉

「以前なら、豊かな時代の中で遊びながら警鐘を鳴らすなんてこともできたけれど、いまはそういう余裕もありませんし。ただ、そんなときでも、自分がふと見上げたときに存在している空を『美しい』と思えなくなったら、人間はおしまいだろうなとは感じているんです。」

ラッセル・ベイカーのお墓 追悼サイト

ラッセル・ベイカーさんの残した言葉

「An educated person is one who has learned that information almost always turns out to be at best incomplete and very often false, misleading, fictitious, mendacious – just dead wrong.」(教育とは情報を鵜呑みにしない能力をつけることである。)

横田順彌のお墓 追悼サイト

横田 順彌は、作家・明治文化史研究家。愛称は「ヨコジュン」。「横田 順弥」と表記されることもある。真木 じゅん名義による著書もある。

ヴィルヘルム・ゲナツィーノのお墓 追悼サイト

ヴィルヘルム・ゲナツィーノは、ドイツの作家。 マンハイムに生まれる。アビトゥーアに合格後、『ライン=ネッカー新聞』 での見習いを経て、フランクフルト大学に入学しドイツ学や社会学、哲学を学んだ。1965年『ラスリーン通り』 で小説家としてデビュー。

ウィリアム・ブルムのお墓 追悼サイト

ウィリアム・ブルムはアメリカ合衆国の作家、歴史家、外交問題評論家。大学では会計学を学んでおり、1960年代半ばアメリカ合衆国国務省にてコンピュータ関連の部署に就く。当初は外交官を目指す反共派であったが、ベトナム戦争で幻滅するに至った。以降、アメリカ合衆国が行ってきた戦争犯罪・国家犯罪を次々と暴露している。

高取英のお墓 追悼サイト

高取 英は、日本の劇作家、演出家、マンガ評論家、編集者。男性。月蝕歌劇団代表。京都精華大学マンガ学部マンガプロデュースコース学科教授、大正大学表現学部客員教授を務めた。

ジョン・テイラー・ガットのお墓 追悼サイト

ジョン・テイラー・ガットは、アメリカ合衆国の30年近く教員として働いた現役作家である。教えることに熱心で、教員を退職した後は現代義務教育のイデオロギーや歴史、またその結果を批判する複数の書物を出版している。

和久峻三のお墓 追悼サイト

和久 峻三は、日本の推理作家、弁護士。本名は古屋峻三。別名として夏目 大介。写真家としての顔も持ち、日本図書館協会選定図書の写真集『日本の原風景』も発表している。

ホルスト・ボゼツキーのお墓 追悼サイト

ホルスト・オットー・オスカー・ボゼツキーはドイツの社会学者、作家。ベルリン生まれ。 2000年1月に年金付き退職をするまで、大学教員を務めた。推理作家としてドイツで大衆に広く知られている。

ニール・サイモンのお墓 追悼サイト

ニール・サイモンさんの残した言葉

「『それは危険な賭けだ』と言われても気にするな。ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の絵を天井ではなく床に描いていたら、今頃は擦れて消えているに違いない。」

大塚勇三のお墓 追悼サイト

大塚 勇三は、日本の児童文学者、翻訳家。 旧満洲旧安東市生まれ。東京帝国大学法学部卒業。1957年から1966年まで平凡社に勤め、瀬田貞二と出会い、米英、ドイツ、北欧などの児童文学の翻訳に携わる。特にアストリッド・リンドグレーンの作品をほとんど翻訳、アルフ・プリョイセンの「スプーンおばさん」シリーズ、ルーネル・ヨンソンの「小さなバイキング」などの翻訳が著名である。ほか自身で民話の再話絵本も執筆した。

V・S・ナイポールのお墓 追悼サイト

ヴィディアダハル・スラヤプラサド・ナイポールは、イギリスの作家。トリニダードのインド人社会を舞台にした小説を数多く書き、コミカルな作風で高く評価され、1971年に『In a Free State』にてブッカー賞を受賞、2001年にノーベル文学賞を受賞した。イギリスに在住。1990年には文学への貢献によりナイトの称号を授与された。