カテゴリー: 小説家

津本陽のお墓 追悼サイト

津本 陽さんの残した言葉

「完全に絶望するということは、もうそれ以上は落ちない『底』に着いたということ。つまり、本当の絶望は、壁を乗り越えるための復活の始まりでもある。」

フィリップ・ロスのお墓 追悼サイト

フィリップ・ロスは、アメリカの小説家。 現代のアメリカ文学を代表する小説家のひとりであり、文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてロスとコーマック・マッカーシー、ドン・デリーロ、トマス・ピンチョンの4人を挙げている。

古川薫のお墓 追悼サイト

古川 薫は、日本の小説家。妻は歌人の森重香代子。直木賞作家。幕末の長州藩を主題にした歴史小説で知られる。

向山貴彦のお墓 追悼サイト

向山貴彦はアメリカテキサス州生まれのクリエーター、小説家、翻訳家、である。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。

ジャック・ケッチャムのお墓 追悼サイト

ジャック・ケッチャムは、アメリカ・ニュージャージー州のホラー小説家。本名はダラス・メイヤー。ボストン大学卒業後、俳優、教師、出版エージェント、材木のセールスマンなどの職業を経たのち、1981年に『オフシーズン』で作家デビュー。

葉室麟のお墓 追悼サイト

葉室 麟さんの残した言葉

「おのれがおのれであることにためらうな。悪人と呼ばれたら、悪人であることを楽しめ。それが、お前の役目なのだ。」

仁賀克雄のお墓 追悼サイト

仁賀克雄のお墓 追悼サイト

仁賀 克雄は、日本の作家、評論家、英米文学翻訳家・アンソロジスト。本名、大塚勘治。ペンネームの由来は本名を逆読みしたもの。

岡井崇のお墓 追悼サイト

岡井 崇は、日本の医師、産婦人科医、小説家。昭和大学病院総合周産期母子医療センター長。医学博士。2007年に、無過失医療事故を世に問うミステリー小説『ノーフォールト』を早川書房より上梓した。

早坂暁のお墓 追悼サイト

早坂 暁さんの残した言葉

「夢です。夢がなくては、人は大きくならん。米や魚は体を大きくするだけだよ。」

フアン・ゴイティソーロのお墓 追悼サイト

フアン・ゴイティソーロ・ゲイは、スペイン・バルセロナ出身の小説家。フランコ体制下の1956年にフランスのパリへ亡命し、1997年からはモロッコのマラケシュに居住している。代表作として『天国の悲しみ』、『禁猟区』、『サラエヴォ・ノート』などがある。

佐藤大輔のお墓 追悼サイト

佐藤 大輔は、日本の小説家・ゲームデザイナー・漫画原作者である。石川県出身。「皇国の守護者」など、数々の架空戦記(仮想戦記)小説などで知られる。

林京子のお墓 追悼サイト

林 京子さんの残した言葉

「その澄んだ目で、透明な思考で、大事に大事に平和憲法を守ってください。あなた自身のために。生まれてくる新しい命のために。お願いします」

ウィリアム・トレヴァーのお墓 追悼サイト

ウィリアム・トレヴァーは、アイルランドのコーク州出身の小説家。1952年からイングランドに移住し、現在はデヴォン州に在住し、英語で創作活動を行っている。人物の造形にすぐれ、長篇、短篇ともに名手として高く評価されている。