カテゴリー: 著名人

チャールズ・A・ライクのお墓 追悼サイト

チャールズ・A・ライクは、アメリカ合衆国の法律家、社会科学者、著作家で、イェール・ロー・スクールの教授であった1970年に、1960年代の対抗文化と若者の運動を讃えたピーアン(讃歌)の書『緑色革命』を書いた。

佐藤弘樹のお墓 追悼サイト

佐藤 弘樹は、日本の英語講師・ラジオパーソナリティ。映画英語教育学会(ATEM)特別顧問。北海道札幌市出身。

フランク・ルーカスのお墓 追悼サイト

フランク・ルーカスは、ノースカロライナ州ラグランジ出身のアメリカ合衆国の人物。1960年代後半と1970年代前半のハーレムのヘロイン密売人で組織犯罪のボス。麻薬取引において中間業者を取り除き、直接供給源の東南アジアからヘロインを購入していたことで知られている。特に死亡したアメリカ兵の棺を使ってベトナムからヘロインを密輸していたエピソードは有名で、ルーカスを描いた2007年の映画『アメリカン・ギャングスター』でもその様子が描写されている。

川口衞のお墓 追悼サイト

川口 衞は、日本の建築構造家、構造エンジニア。法政大学名誉教授。株式会社川口衞構造設計事務所主宰。国際シェル・空間構造学会(IASS)元会長。工学博士。趣味特技に民謡。

柳宗玄のお墓 追悼サイト

柳 宗玄は、日本の美術史家。お茶の水女子大学名誉教授。民藝運動で著名な柳宗悦の次男。母は声楽家の柳兼子、妻は志賀直哉の四女・万亀子。

s@koのお墓 追悼サイト

s@ko(本名:迫田訓光)は、宮崎のパーソナリティ、ローカルタレント。DJをするときは、DJ s@ko。

宮崎県延岡市出身。宮崎県立延岡商業高等学校、宮崎産業経営大学経済学部卒業。

大塚ギチのお墓 追悼サイト

大塚 ギチは、日本の編集者・デザイナー・ライター。宝島社勤務のゲーム誌編集者を経て独立。主な活動領域はビデオゲームとアニメーション。

高瀬幸途のお墓 追悼サイト

高瀬幸途のお墓 追悼サイト

高瀬 幸途は、日本の編集者。太田出版元社長。2013年太田出版辞職。

テリー・ローリングスのお墓 追悼サイト

テリー・ローリングスは、イングランドの編集技師。英国アカデミー賞やアカデミー賞にノミネートされた経験がある。1977年までは音響編集者として活動していた。

江見弘武のお墓 追悼サイト

江見 弘武は、日本の裁判官。岡山県出身。東京大学法学部卒業。東京高等裁判所部総括判事などを経て、2007年より高松高等裁判所長官を務め、2008年8月23日、定年により退官。弁護士(第一東京弁護士会所属)として、大江橋法律事務所東京事務所カウンセル。

田中弘邦のお墓 追悼サイト

田中 弘邦は、元特定郵便局長会会長。特定局長のOBで組織される大樹全国会議の会長を務める。郵便局関係者に多大な影響力を持つ「全特のドン」として知られる。

原田洋二郎のお墓 追悼サイト

原田 洋二郎は、日本出身のタトゥーアーティストである。彼はアメリカのリアリティ番組、『マイアミ・インク』の出演者、“ヨージ”(Yoji)として知られる。ミュージシャンとしても活動していた。

東久邇信彦のお墓 追悼サイト

東久邇 信彦は、日本の元皇族・旧皇族。盛厚王第一子。東久邇家第3代当主。皇籍にあった時の名は信彦王、身位は王、敬称は殿下。北朝第3代崇光天皇の男系18世子孫。大正天皇の女系の曾孫。昭和天皇・香淳皇后の初孫。

オクウィ・エンヴェゾーのお墓 追悼サイト

オクウィ・エンヴェゾーは、美術史が専門のナイジェリアのキュレーター、 美術批評家、ライター、 詩人、 教育者。 ニューヨークとミュンヘン在住。 2014年、アートレビュー誌の「アート業界で最も影響力のある100人」の24位にランクインした。