カテゴリー: 著名人

吉岡幸雄のお墓 追悼サイト

吉岡 幸雄は、日本の染織史家・染色家。染司よしおか五代目当主。美術図書出版「紫紅社」代表。

カンポス・ヴェヌーティのお墓 追悼サイト

ジュゼッペ・カンポス・ヴェヌーティは、イタリアの都市計画家。ルイジ・ピッチナートをはじめとする同国を代表する都市計画家の元で学び実務を行ってきた。ピッチナートの次の世代を担って多くの都市計画の作成に携わっている。なお、成果の代表的なものは1960年代から1980年代に集中している。

日顕のお墓 追悼サイト

日顕は、日本の仏教僧侶である。日蓮正宗総本山大石寺第67世法主。立正大学日蓮学科卒。阿部姓、阿部 日顕。1979年登座。

史明のお墓 追悼サイト

史 明は、台湾の歴史家・台湾独立運動家。中国国民党の弾圧を避けて日本に亡命し、『台湾人四百年史』を著した。台湾民主化後、帰国。台湾独立運動の指導者の一人で、「独立台湾会」の設立者。左目を失明している。本名は施朝暉。

ウィム・クロウェルのお墓 追悼サイト

ウィム・クロウェルは、オランダのグラフィックデザイナー、書体デザイナーである。現在も現役で活動しており、オランダおよび欧州のグラフィックデザイン史において最も重要なデザイナーのひとりといわれる。

高須基仁のお墓 追悼サイト

高須 基仁は、日本の出版プロデューサーで、モッツ出版株式会社の代表取締役。 息子は編集者・格闘技ライターの高須基一朗。姪はフリーアナウンサーの高須沙知子。

勝井三雄のお墓 追悼サイト

勝井 三雄は、戦後〜平成時代の日本を代表したグラフィックデザイナーの一人。勝井三雄デザイン事務所設立者。武蔵野美術大学名誉教授。

チャールズ・A・ライクのお墓 追悼サイト

チャールズ・A・ライクは、アメリカ合衆国の法律家、社会科学者、著作家で、イェール・ロー・スクールの教授であった1970年に、1960年代の対抗文化と若者の運動を讃えたピーアン(讃歌)の書『緑色革命』を書いた。

巌浩のお墓 追悼サイト

巌浩のお墓 追悼サイト

巌 浩は、大分県出身の編集者。書評紙『日本読書新聞』の黄金時代の編集長、雑誌『伝統と現代』の編集・発行人として知られる。

佐藤弘樹のお墓 追悼サイト

佐藤 弘樹は、日本の英語講師・ラジオパーソナリティ。映画英語教育学会(ATEM)特別顧問。北海道札幌市出身。

フランク・ルーカスのお墓 追悼サイト

フランク・ルーカスは、ノースカロライナ州ラグランジ出身のアメリカ合衆国の人物。1960年代後半と1970年代前半のハーレムのヘロイン密売人で組織犯罪のボス。麻薬取引において中間業者を取り除き、直接供給源の東南アジアからヘロインを購入していたことで知られている。特に死亡したアメリカ兵の棺を使ってベトナムからヘロインを密輸していたエピソードは有名で、ルーカスを描いた2007年の映画『アメリカン・ギャングスター』でもその様子が描写されている。

川口衞のお墓 追悼サイト

川口 衞は、日本の建築構造家、構造エンジニア。法政大学名誉教授。株式会社川口衞構造設計事務所主宰。国際シェル・空間構造学会(IASS)元会長。工学博士。趣味特技に民謡。

柳宗玄のお墓 追悼サイト

柳 宗玄は、日本の美術史家。お茶の水女子大学名誉教授。民藝運動で著名な柳宗悦の次男。母は声楽家の柳兼子、妻は志賀直哉の四女・万亀子。

s@koのお墓 追悼サイト

s@ko(本名:迫田訓光)は、宮崎のパーソナリティ、ローカルタレント。DJをするときは、DJ s@ko。

宮崎県延岡市出身。宮崎県立延岡商業高等学校、宮崎産業経営大学経済学部卒業。

大塚ギチのお墓 追悼サイト

大塚 ギチは、日本の編集者・デザイナー・ライター。宝島社勤務のゲーム誌編集者を経て独立。主な活動領域はビデオゲームとアニメーション。