カテゴリー: ボクシング

ホセ・ナポレスのお墓 追悼サイト

ホセ・ナポレスは、キューバの元プロボクサー。WBA・WBC世界ウェルター級統一王者。サンティアーゴ・デ・クーバ出身。キューバ革命を機にメキシコへ亡命、その強さから世界王者たちに敬遠され、長く無冠の帝王として畏怖された。技巧と強打を併せ持ち、卓越した防御技術と鋭いコンビネーション・ブローで王座を2度獲得、通算13度の防衛を成し遂げた、1970年代のリングを代表する名王者。

三迫仁志のお墓 追悼サイト

三迫 仁志は、日本の元プロボクサー、プロボクシング・プロモーター。現役時代は野口ボクシングジム所属で、引退後は三迫ボクシングジムを創設し会長、後に名誉会長を務めた。元日本プロボクシング協会会長、商学士。

エウセビオ・ペドロサのお墓 追悼サイト

エウセビオ・ペドロサは、パナマのプロボクサー。パナマシティ出身。元WBA世界フェザー級チャンピオン。空手の黒帯を持つ有段者で、異色のボクサーとしても知られた。

マルクス・バイエルのお墓 追悼サイト

マルクス・バイエルは、ドイツのプロボクサー。WBC世界スーパーミドル級王者を3回獲得した。 アマチュア時代はドイツの代表として1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと2度オリンピックに出場した。派手さはないが確かなテクニックを駆使した技巧派の選手。

グラシアノ・ロッシジャーニのお墓 追悼サイト

グラシアノ・ロッシジャーニは、ドイツのプロボクサー。デュースブルク出身。元IBF世界スーパーミドル級王者。元WBC世界ライトヘビー級暫定王者。 WBCに対して訴訟を起こし、勝訴。WBCの存続問題にまで発展した。 元WBO世界クルーザー級王者ラルフ・ロッシジャーニは実兄であり、キャリア後期にはトレーナーを務めた。

エリシャ・オベドのお墓 追悼サイト

エリシャ・オベドは、バハマ出身の元プロボクサー。元WBC世界ジュニアミドル級チャンピオン。12歳でアマチュアランクに入り、ほぼ毎週戦って、46-0(16ノックアウト)の無敗の記録を出した。14歳で、プロに転向することを決めた。

高橋美徳のお墓 追悼サイト

高橋 美徳は、日本のプロボクサー・プロボクシング・トレーナー経験者、現在はプロモーターである。青森県黒石市出身。現役時代は三迫ボクシングジム所属。階級はウェルター級、2017年3月まで国際ボクシングスポーツジム会長、東日本ボクシング協会副会長兼事務局長も務めた。

チャチャイ・チオノイのお墓 追悼サイト

チャチャイ・チオノイは、タイ王国の元男子プロボクサー。世界ボクシング評議会 認定のWBC世界フライ級王者を2回、世界ボクシング協会 世界フライ級王者を1回経験した。 大場政夫や花形進をはじめ、多くの日本人選手と熱戦を演じた。リングネームの「チオノイ」というのは彼の出身地の名前である。

ジェイク・ラモッタのお墓 追悼サイト

ジェイク・ラモッタは、アメリカ合衆国の男性元プロボクサー。本名ジアコーベ・ラモッタ。ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区出身。元世界ミドル級王者。

シュガー・ラモスのお墓 追悼サイト

シュガー・ラモスさんの残した言葉

「俺はリングに上がったら相手の頭をぶっ飛ばすことだけを考える。 もしオフクロがリングに上がって俺に向かってきたら、俺はオフクロをぶっ飛ばすだろう。」

ロドリゴ・バルデスのお墓 追悼サイト

ロドリゴ・バルデスは、コロンビアのプロボクサー。カルタヘナ出身。第9代WBC世界ミドル級王者。第9代WBA・第11代WBC世界ミドル級統一王者。カルロス・モンソンとウーゴ・コーロとの2度に渡る対決が有名。

穂積秀一のお墓 追悼サイト

穂積 秀一は、日本のプロボクサー。群馬県邑楽郡出身。帝拳ボクシングジム所属、駒込高等学校卒業。 168cmの長身・リーチを生かしたアウトボクシングでライトフライ級とフライ級で日本タイトル2階級制覇、WBA世界フライ級王座に2度挑戦。 担任トレーナーは当初は小林弘、途中から桑田勇。

アーロン・プライヤーのお墓 追悼サイト

アーロン・プライヤーは、アメリカ合衆国の元プロボクサー。オハイオ州シンシナティ出身。元WBA・IBF世界スーパーライト級王者。 歴代中量級ボクサーの中で最強の呼び声が高いボクサーの1人。デビュー以来36連勝のうち世界戦を含め26連続KO勝利の記録を持つ。