カテゴリー: 陸上競技

ヨルマ・キンヌネンのお墓 追悼サイト

ヨルマ・キンヌネンは、フィンランドの陸上競技選手。専門は主としてやり投。西スオミ州ピフティプダス出身。1968年メキシコオリンピック男子やり投銀メダリスト。

小出義雄のお墓 追悼サイト

小出 義雄さんの残した言葉

「成功できるかな? ではだめなんだ。何が何でも成功するんだ、という信念があってはじめて成功するんだ。」

ドン・ブラッグのお墓 追悼サイト

ドン・ブラッグは、アメリカ合衆国ニュージャージー州セイラム郡ペンズグローヴ出身の陸上競技選手。1960年ローマオリンピックの金メダリストである。

ハインツ・フュッテラーのお墓 追悼サイト

ハインツ・フュッテラーは、旧西ドイツの陸上競技選手である。1956年メルボルンオリンピックの銅メダリスト。1954年と1958年のヨーロッパ選手権で3つの金メダルを獲得。そのほか、1954年には100mで10秒2の世界タイ記録。1955年には60mで6秒5の世界新記録を樹立。1953年から1955年にかけて無敗を誇り、通算国際大会536勝をあげる。

宮崎秀吉のお墓 追悼サイト

宮崎 秀吉は、日本の陸上競技選手。2019年現在、105歳以上の部で世界記録を持つ。京都市在住。 静岡県周智郡熊切村で生まれる。農協の職員を経て、退職後は囲碁を趣味としていたが、同年代が次々亡くなっていくことで、囲碁の相手がいなくなり、娘の勧めもあり、92歳で陸上を始めた。

真木和のお墓 追悼サイト

真木 和は、日本の元陸上競技およびマラソン選手。 バルセロナオリンピック女子10000mとアトランタオリンピック女子マラソンに、二大会連続で五輪代表に選出など、1990年代前半から後半にかけて活躍した。

イレーナ・シェビンスカのお墓 追悼サイト

イレーナ・シェビンスカはポーランドの陸上競技女子短距離選手で1960年代から1970年代に活躍した。彼女は東京オリンピックで200mと走幅跳で銀メダルを獲得し、次いでメキシコオリンピックでは200mで当時の世界新記録で金メダル、100mで世界タイ記録で銅メダルを獲得した。

ディック・クァックスのお墓 追悼サイト

ディック・クァックスは、ジョン・ウォーカー、ロッド・ディクソンとともに、1970年代の男子中距離界をリードしたニュージーランドの陸上競技選手。1976年モントリオールオリンピックの銀メダリストである。

アーサー・バーナードのお墓 追悼サイト

アーサー・バーナードは、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。彼は、1952年に開催されたヘルシンキオリンピックの男子110メートルハードル走で銅メダルを獲得した。

ロジャー・バニスターのお墓 追悼サイト

ロジャー・バニスターさんの残した言葉

「アフリカで毎朝、一頭のガゼルが目を覚ます 。そのガゼルはいちばん速いライオンに走り勝たなければ、殺されることを知っている。アフリカで毎朝、一頭のライオンが目を覚ます。そのライオンはいちばん遅いガゼルよりも速く走らなければ、飢え死にすることを知っている。ライオンであるかガゼルであるかは関係ない―――日が昇ったら、走ったほうが身のためだ」

セルゲイ・リトビノフのお墓 追悼サイト

セルゲイ・リトビノフ は、ソビエト連邦の陸上競技選手。1988年ソウルオリンピックハンマー投の金メダリスト。1980年モスクワオリンピックにおいても銀メダルを獲得している。 リトビノフは同じソ連のユーリ・セディフとともに1980年代を代表するハンマー投選手である。彼は3度の世界記録を樹立している。

ベティ・カスバートのお墓 追悼サイト

エリザベス・”ベティ”・カスバートは、オーストラリアの陸上競技選手。女性の短距離選手として、1956年メルボルンオリンピックの100m、200m制覇をはじめ、1964年東京オリンピックでの金メダルを含め、オリンピックでは4つの金メダルを獲得。

ジャーメイン・メイソンのお墓 追悼サイト

ジャーメイン・メイソンは、イギリスの陸上競技選手。走高跳を専門とする選手で、2008年北京オリンピックの銀メダリストである。ジャマイカのキングストン出身。2006年からイギリス代表として国際大会に出場している。