カテゴリー: 写真家

ロバート・フランクのお墓 追悼サイト

ロバート・フランクさんの残した言葉

「私は映画製作で成功したことがない、まったく。きちんとできた試しがないのだ。そしてそれは素晴らしいこともある。うまくいかないというのは良いこともあるのだ。おかげでやり続けられるから。」

須田一政のお墓 追悼サイト

須田 一政は、日本の写真家。日常に潜む闇や妖しさなどと形容される、独自のスタイルによるスナップ写真を得意とした。また、大阪芸術大学写真学科の教授を務めるなど、後進の育成にも励んだ。

久保敬親のお墓 追悼サイト

久保 敬親は写真家。新潟県出身。拓殖大学商学部貿易学科卒業。北海道中標津町在住。撮影のジャンルは日本の野生動物と自然。

南川三治郎のお墓 追悼サイト

南川 三治郎は、日本の写真家。主に「ヨーロッパの人と文化」をテーマに国内外の雑誌媒体を中心に発表。

德川慶朝のお墓 追悼サイト

徳川 慶朝は、日本の写真家。徳川幕府第15代将軍徳川慶喜の曾孫で、旧公爵徳川慶喜家の4代目当主。徳川の徳の字は、正式には「罒」と「心」の間に「一」が入る正字(德)を使う。母方を通じて松平容保の曾孫でもある。前妻は長岡祥三の長女貴子。伯母は宣仁親王妃喜久子。

田原桂一のお墓 追悼サイト

田原桂一は、日本の写真家。アルル国際写真フェスティバル新人大賞を受賞し、国際的に脚光を浴びる。

山崎博のお墓 追悼サイト

山崎博は、写真家。日大を中退しフリーの写真家として活動。実験映画の製作にもかかわり,昭和44年粟津潔「阿部定」,松本俊夫「アートマン」の撮影を担当する。58年写真集「HELIOGRAPHY」で日本写真協会新人賞。

山田實のお墓 追悼サイト

山田 實は、日本の写真家。1977年、沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞。2000年、沖縄県文化功労者として表彰。兄は、詩人の山田有勝。2013年、第29回東川賞飛弾野数右衛門賞を受賞。

村井修のお墓 追悼サイト

村井 修は日本の写真家。建築や彫刻を被写体とした写真家活動を始め、東京で独立。小田仁二郎、瀬戸内晴美(寂聴)らによる同人誌「Z」の表紙(写真)を担当する。新旧東京都庁舎ほか一連の丹下健三の建築、白井晟一の作品など数多くの建築物を撮影し、1980年代には数年間に及ぶ京都迎賓館の撮影を手掛けた。シドニー・オペラハウス、関西国際空港、中部国際空港、東京駅などの写真を撮影・発表している。

マルク・リブーのお墓 追悼サイト

マルク・リブーとは、マグナム・フォトに所属する、フランスの写真家。報道写真の分野で20世紀を代表する写真家の一人。その作品は、世界各国の新聞・雑誌に掲載されている。

宮本敬文のお墓 追悼サイト

宮本 敬文は、埼玉県浦和市生まれの写真家・映画監督・小説家。 日本大学芸術学部、New York School of Visual Arts大学院卒業後、 N.Yにて活動を開始。2002年帰国。現在、広告、雑誌、CF等で活躍していた。

田中光常のお墓 追悼サイト

田中 光常さんの残した言葉

「大したことはないと撮った写真の中に傑作はけしてなく、努力し『凄い!』と手ごたえ十分に撮った十枚にやっと『ヤッタ!』の一枚がある。」

白岡順のお墓 追悼サイト

白岡 順は、写真家。愛媛県新居浜市出身。 1967年信州大学文理学部自然科学科物理学専攻卒業。1979年から2000年までパリを拠点に活動を行い、アルザス成城学園で数学の教員を務めていたこともある。 東京都新宿区にレンタル暗室カロタイプを開いていた。

今井洋介のお墓 追悼サイト

今井 洋介さんの残した言葉

「人と人の間にはガラスがあって、それを自分でぶち破るか、破ってもらうか、一緒に破るか。 そうしないと人と人は繋がれない。そのガラスをぶち破らないと、写真でも音楽でも、人には伝えられない。」