カテゴリー: 画家

エドゥアルド・アロヨのお墓 追悼サイト

エドゥアルド・アロヨは、スペイン・マドリード出身の画家、グラフィック・アーティスト。著作家、舞台美術家としても活動している。

岩倉壽のお墓 追悼サイト

岩倉 壽は、日本画家。日本藝術院会員。日展常務理事。京都市立芸術大学名誉教授。

フェルナンド・ジョルトのお墓 追悼サイト

フェルナンド・ジョルトは、エルサルバドルの画家。原色を用いた抽象画を手掛け、神・自然・人の調和をモチーフとした作品を多く発表した。ラ・パルマに「セミジャ・デ・ディオス」を設立した。小物や生活用品に絵を施した民芸品を作るコミュニティを築き、その作成手法を一般庶民へ広めるなどの文化活動を行っている。

ダリオ・ビジャルバのお墓 追悼サイト

ダリオ・ビジャルバ・フローレスは、スペイン、サン・セバスティアン出身の画家。写真家。元フィギュアスケート選手。1956年コルティナダンペッツォオリンピックスペイン代表。 2002年、王立サン・フェルナンド美術アカデミーのメンバーとなる。

宮崎進のお墓 追悼サイト

宮崎 進は、日本の洋画家。 山口県徳山市出身。日本美術専門学校卒。シベリア抑留を経験。1957年光風会展に出品。1965年日展で「祭の夜」が特選となる。1967年「見世物芸人」で安井賞。1981年多摩美術大学教授。1998年芸術選奨文部大臣賞受賞。多摩美大美術館館長。

饒宗頤(ジョウ・ソウイ)のお墓 追悼サイト

饒 宗頤は、中華人民共和国の学者、詩人、書道家、画家。研究分野は、考古学、文学、言語学、儒学、仏教学、敦煌学、音楽、歴史など人文科学の多岐にわたる。中国研究の泰斗。「中国の国学大師」「東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ」ともいわれる。香港在住。香港中文大学の終身主任教授。

松平修文のお墓 追悼サイト

松平修文のお墓 追悼サイト

松平 修文は、画家、美術評論家、歌人。歌人の王紅花は妻。

渡辺淳のお墓 追悼サイト

渡辺淳は、洋画家。「若狭がうんだ農民画家の第一人者」と評され、水上作品の装丁や挿絵を多く手掛けた。

中路融人のお墓 追悼サイト

中路 融人は、日本画家。京都府京都市生まれ。日展常務理事、日本藝術院会員、晨鳥社会長。現存日本画家のうち最も人気が高い人物の一人。

ジェームス・ローゼンクイストのお墓 追悼サイト

ジェームス・ローゼンクイストはアメリカの美術家。広告などを題材とした作品で知られ、ポップアートの画家、主唱者の一人とされる。ローゼンクィストと表記されることもある。

片岡真太郎のお墓 追悼サイト

片岡 真太郎は、洋画家。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。

エルズワース・ケリーのお墓 追悼サイト

エルズワース・ケリーは、20世紀〜21世紀のアメリカの画家。 ケリーは1923年ニューヨーク州ニューバーグにて、保険会社の幹部をしていた父と元学校教師の母のもとに三兄弟の次男として生まれた。彼が生まれてすぐの頃に一家はニュージャージー州に引っ越し、以後も同州内で毎年引っ越しを繰り返した。