カテゴリー: 画家

堀文子のお墓 追悼サイト

堀 文子さんの残した言葉

「みんなひとりが寂しいといいますが、人といれば本当に寂しくないのかしら?人はそもそも孤独なんです。」

到津伸子のお墓 追悼サイト

到津 伸子は、日本の画家、エッセイスト。 東京都生まれ。父は朝日新聞記者の到津十三男。東京芸術大学美術学部卒業。その後渡仏し、1977年パリで個展を開き、パリ・東京を拠点に活動。2003年エッセイ『不眠の都市』で講談社エッセイ賞を受賞。 姓の読みは「いとうず」とされることもある。

エドゥアルド・アロヨのお墓 追悼サイト

エドゥアルド・アロヨは、スペイン・マドリード出身の画家、グラフィック・アーティスト。著作家、舞台美術家としても活動している。

岩倉壽のお墓 追悼サイト

岩倉 壽は、日本画家。日本藝術院会員。日展常務理事。京都市立芸術大学名誉教授。

フェルナンド・ジョルトのお墓 追悼サイト

フェルナンド・ジョルトさんの残した言葉

「I LOVE AND FEEL THE COLOURS, BECAUSE THEY SHOW ME THE LIFE WITHIN THE LIGHT」(私は色を愛し、感じる、彼らは私に光の中で人生を見せてくれる)

ダリオ・ビジャルバのお墓 追悼サイト

ダリオ・ビジャルバ・フローレスは、スペイン、サン・セバスティアン出身の画家。写真家。元フィギュアスケート選手。1956年コルティナダンペッツォオリンピックスペイン代表。 2002年、王立サン・フェルナンド美術アカデミーのメンバーとなる。

宮崎進のお墓 追悼サイト

宮崎 進は、日本の洋画家。 山口県徳山市出身。日本美術専門学校卒。シベリア抑留を経験。1957年光風会展に出品。1965年日展で「祭の夜」が特選となる。1967年「見世物芸人」で安井賞。1981年多摩美術大学教授。1998年芸術選奨文部大臣賞受賞。多摩美大美術館館長。

饒宗頤(ジョウ・ソウイ)のお墓 追悼サイト

饒 宗頤は、中華人民共和国の学者、詩人、書道家、画家。研究分野は、考古学、文学、言語学、儒学、仏教学、敦煌学、音楽、歴史など人文科学の多岐にわたる。中国研究の泰斗。「中国の国学大師」「東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ」ともいわれる。香港在住。香港中文大学の終身主任教授。

松平修文のお墓 追悼サイト

松平修文のお墓 追悼サイト

松平 修文は、画家、美術評論家、歌人。歌人の王紅花は妻。

渡辺淳のお墓 追悼サイト

渡辺淳は、洋画家。「若狭がうんだ農民画家の第一人者」と評され、水上作品の装丁や挿絵を多く手掛けた。

中路融人のお墓 追悼サイト

中路 融人は、日本画家。京都府京都市生まれ。日展常務理事、日本藝術院会員、晨鳥社会長。現存日本画家のうち最も人気が高い人物の一人。

ジェームス・ローゼンクイストのお墓 追悼サイト

ジェームス・ローゼンクイストはアメリカの美術家。広告などを題材とした作品で知られ、ポップアートの画家、主唱者の一人とされる。ローゼンクィストと表記されることもある。

片岡真太郎のお墓 追悼サイト

片岡 真太郎は、洋画家。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。