カテゴリー: 陶芸家

沈壽官(第14代)のお墓 追悼サイト

第14代沈壽官は13代の長男で本名は大迫恵吉。1964年の13代の死去に伴い沈家当主と沈壽官の名を継いだ。司馬遼太郎と親交があり、司馬の小説『故郷忘じがたく候』の主人公のモデルとなった。1989年に国内初の大韓民国名誉総領事に就任するなど、日韓の文化交流に努めたことでも知られている。

中島宏のお墓 追悼サイト

中島 宏は、佐賀県武雄市生まれの青磁作家。重要無形文化財保持者(人間国宝)。「中島ブルー」といわれる独創的な作品を創作。

中里重利のお墓 追悼サイト

中里重利は、陶芸家。佐賀県唐津市出身。父は12代中里太郎右衛門。兄は13代中里太郎右衛門。1985年、佐賀県芸術文化功労賞受賞。

酒井田柿右衛門(14代目)のお墓 追悼サイト

14代目 酒井田 柿右衛門さんの残した言葉

「私は時間があれば、野山の花や鳥をスケッチしています。絵付けのデザイン探しのためです。30枚、40枚とデッサンします。…親父が『伝統とはとどまるものではなく、流れるものだ』と言っていたのは、そのことを表現した言葉でした。」

三輪壽雪のお墓 追悼サイト

三輪壽雪さんの残した言葉

「若い連中がまねしてやろうという根性になってはだめ。自分の仕事の力になるように受け止めないと」