カテゴリー: 書家

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美 魚目は、愛知県出身の俳人、書家。本名は和男。名古屋市生まれ、愛知県第一中学校卒。19歳のとき父・野生の勧めで俳句をはじめ、翌年より「ホトトギス」に投句、高濱虚子、橋本鶏二に師事。また「牡丹」「桐の葉」でも学ぶ。1954年、愛知県愛知郡鳴海町にて書道塾を開く。

古谷蒼韻のお墓 追悼サイト

古谷 蒼韻は、日本の書家、文化功労者。1961年日展特選、1981年日展内閣総理大臣賞。1985年「万葉・秋雑歌」で日本芸術院賞。

森本龍石のお墓 追悼サイト

森本 龍石さんの残した言葉

「個性を出すのが本当の書。だから誰もが書家」

「墨をするのに3日。大きな筆で書くとすぐになくなる」

高木聖鶴のお墓 追悼サイト

高木 聖鶴は、日本の書家。男性。勲等は勲四等。本名は高木 郁太。朝陽書道会会長、公益社団法人日本美術展覧会顧問、公益社団法人日本書芸院最高顧問、読売書法会最高顧問、文化功労者。

榊莫山のお墓 追悼サイト

榊 莫山さんの残した言葉

「思い通りにできる、っちゅうのは、決まっていっぱい失敗した後や。」

「真っすぐ前ばかり見とっても、何も見えてこんで。人生、大事なことは横っちょの方に転がってるもんや。」