カテゴリー: 武将

井伊直弼のお墓 追悼サイト

井伊 直弼さんの残した言葉

「人は上なるも下なるも楽しむ心がなくては一日も世を渡ることは難しい」

小山田茂誠のお墓 追悼サイト

小山田茂誠のお墓 追悼サイト

小山田 茂誠は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。
武田氏麾下の国衆小山田氏、後北条氏、真田氏の家臣。

伊達政宗のお墓 追悼サイト

伊達 政宗さんの残した言葉

「まともでない人間の相手を、まともにすることはない。」

藤堂高虎のお墓 追悼サイト

藤堂 高虎さんの残した言葉

「大事の時は、皆が大変だと言い、一門や部下が大勢集まって議論する。だから、大事はさらなる大事に至らず、きちんと解決できる。ところが小事となると、皆が大したことではないと軽視し、タカをくくってしまう。知恵を出し合わないために、小事が思わぬ大事を引き起こす。油断の成せる業だ。」

直江兼続のお墓 追悼サイト

直江 兼続さんの残した言葉

「家康様は自らに都合の良い声ばかりを聞いているのではないでしょうか。違う意見を公平にお聞きにならないのは侍の筋目に反しています。それは家康様に裏表があるからではないでしょうか。それでもこちらに非があるとおっしゃるならやむを得ません。」(徳川家康への直江状)

徳川家康のお墓 追悼サイト

徳川 家康さんの残した言葉

「人生に大切なことは、五文字で言えば『上を見るな』。七文字で言えば『身のほどを知れ』。」

加藤清正のお墓 追悼サイト

加藤 清正さんの残した言葉

「上一人の気持ちは、下万人に通ずる。」(上の者が油断していれば、部下も全員油断するという趣旨)

本多忠勝のお墓 追悼サイト

本多 忠勝さんの残した言葉

「思慮のない人も、思慮のある人も功名を立てる。 思慮のある人の功名は、士卒を下知して大きな功名をなしえる。だが、思慮のない人は鎗一本の功名であって大きな事は出来ない」

黒田官兵衛(孝高)のお墓 追悼サイト

黒田 官兵衛さんの残した言葉

「大将たる人は、威厳というものがなくては、万人を押さえることができぬ。さりながら、悪く心得て、威張ってみせ、下を押さえ込もうとするのは、かえって大きな害である。」

小早川秀秋のお墓 追悼サイト

小早川 秀秋さんの辞世の句

「名のために 捨つる命は惜しからじ つひに止まらぬ浮き世と思へば」

石田三成のお墓 追悼サイト

石田 三成さんの残した言葉

「汝に二心あるを知らざりしは愚かなり。されど、義を捨て人を欺きて、裏切したるは、武将の恥辱、末の世までも語り伝へて笑うべし。」

島左近のお墓 追悼サイト

島 左近さんの残した言葉

「ただ城下の繁栄に驕って、下々の憂苦を思わず、武具にのみ力を入れて城郭を構築しても、徳と礼儀がなければ甚だ危うい」

前田利家のお墓 追悼サイト

前田 利家さんの残した言葉

「人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。」

豊臣秀吉のお墓 追悼サイト

豊臣 秀吉さんの残した言葉

「財産を貯め込むのは、良い人材を牢に押し込むようなものだ。」

服部半蔵のお墓 追悼サイト

服部 半蔵さんの残した言葉

「我が身、既に鉄なり 我が心、既に空なり 天魔覆滅」

井伊直虎のお墓 追悼サイト

井伊 直虎は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の女性領主。
井伊直盛の娘。
同国の国衆・井伊氏の事実上の当主を務めて、徳政令などを行い、「女地頭」と呼ばれた。