タグ: 日本

堺屋太一のお墓 追悼サイト

堺屋 太一さんの残した言葉

「何でも自分で決められる、ということは、自分で決断することに慣れていない人にはつらい。籠の中に飼われていた鳥は、籠から急に出されたらどこへ行っていいかわからない。」

安井侑子のお墓 追悼サイト

安井 侑子は、日本のロシア文学者。神戸市外国語大学名誉教授。ソ連文学を専攻。 本姓・渡辺。安井郁の娘として東京に生まれる。母方の曾祖父は九鬼隆義、祖父は九鬼隆輝。1958年お茶の水女子大学哲学科在学中、国際レーニン勲章を受けた父の通訳としてモスクワに行き、そのままモスクワ大学卒、同大学院修了と、七年間滞ソ。

堀文子のお墓 追悼サイト

堀 文子さんの残した言葉

「みんなひとりが寂しいといいますが、人といれば本当に寂しくないのかしら?人はそもそも孤独なんです。」

鵜澤昌和のお墓 追悼サイト

鵜澤 昌和は、日本の経営学者。青山学院大学名誉教授。青山学院大学学長、東京家政学院大学学長、日本ファシリティマネジメント推進協会会長等を歴任し、藍綬褒章を受章した。

有本欽隆のお墓 追悼サイト

有本 欽隆は、日本の俳優、声優、ナレーター。鳥取県出身。身長177cm。体重67kg。平野企画所属。

到津伸子のお墓 追悼サイト

到津 伸子は、日本の画家、エッセイスト。 東京都生まれ。父は朝日新聞記者の到津十三男。東京芸術大学美術学部卒業。その後渡仏し、1977年パリで個展を開き、パリ・東京を拠点に活動。2003年エッセイ『不眠の都市』で講談社エッセイ賞を受賞。 姓の読みは「いとうず」とされることもある。

江口徹のお墓 追悼サイト

江口 徹は、日本の素粒子物理学研究者、東京大学名誉教授。京都大学基礎物理学研究所元所長。 茨城県土浦市生まれ。2009年、「数理物理学的な手法による素粒子論の研究」により恩賜賞・日本学士院賞を受賞。

橋本治のお墓 追悼サイト

橋本 治さんの残した言葉

「以前なら、豊かな時代の中で遊びながら警鐘を鳴らすなんてこともできたけれど、いまはそういう余裕もありませんし。ただ、そんなときでも、自分がふと見上げたときに存在している空を『美しい』と思えなくなったら、人間はおしまいだろうなとは感じているんです。」

久保敬親のお墓 追悼サイト

久保 敬親は写真家。新潟県出身。拓殖大学商学部貿易学科卒業。北海道中標津町在住。撮影のジャンルは日本の野生動物と自然。

丹羽雅子のお墓 追悼サイト

丹羽 雅子は、日本の家政学者。奈良女子大学名誉教授。専門は被服学。 日本の国立大学における初の女性学長として、1997年4月1日に奈良女子大学第8代学長に就任した。2003年3月31日まで学長を務めた。その後、国立大学法人評価委員会委員、中央教育審議会委員を務めた。夫は体育学者・奈良女子大学名誉教授の丹羽劭昭。

宮崎秀吉のお墓 追悼サイト

宮崎 秀吉は、日本の陸上競技選手。2019年現在、105歳以上の部で世界記録を持つ。京都市在住。 静岡県周智郡熊切村で生まれる。農協の職員を経て、退職後は囲碁を趣味としていたが、同年代が次々亡くなっていくことで、囲碁の相手がいなくなり、娘の勧めもあり、92歳で陸上を始めた。

栗本尊子のお墓 追悼サイト

栗本 尊子は、日本の声楽家・音楽指導者。夫は声楽家の栗本正。二期会名誉会員本名栗本尊〈くりもと・たか〉。

小枝守のお墓 追悼サイト

小枝 守さんの残した言葉

「自分への評価は自分ですることではなく、人が評価するもの。いくら一生懸命にやっていると思っても、それは人が評価を下すものである。評価してくれないと不平を抱く時点では、まだまだ努力や懸命さが足りない証拠。自分で本当に納得することをやり遂げれば、自ずと評価が上がるものである。」

市原悦子のお墓 追悼サイト

市原 悦子さんの残した言葉

「お芝居をやっている時は寝られなくなる。夢遊病的というか自分の正体がなくなるくらい何かを探し始めるから。」