タグ: 1月31日

有名人の命日:1月31日にお亡くなりになった方々の一覧です。 故人を偲ぶ、あなたの気持ちをお届けいたします。

パブロ・ラリオスのお墓 追悼サイト

パブロ・ラリオス・イワサキは、メキシコ出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー。父方の祖先はスペイン系、母方は日系である。 1983年3月15日にA代表デビュー。1986年に地元で行われたメキシコW杯では守護神として全5試合に出場しメキシコ代表史上最高のベスト8進出に貢献した。

到津伸子のお墓 追悼サイト

到津 伸子は、日本の画家、エッセイスト。 東京都生まれ。父は朝日新聞記者の到津十三男。東京芸術大学美術学部卒業。その後渡仏し、1977年パリで個展を開き、パリ・東京を拠点に活動。2003年エッセイ『不眠の都市』で講談社エッセイ賞を受賞。 姓の読みは「いとうず」とされることもある。

いときん のお墓 追悼サイト

いときんさんの残した言葉

「みんな、お父ちゃん、お母ちゃんにもろた体、大事にしろよ。公衆便所やないで。アルコール、添加物…体の中に毒、放り込んだらあかんで。自分の子供にタバコ吸わすやつ、おらんやろ。体の中に毒、放り込んだらあかん。病気になって体のことも、食べ物のことも、考え直した。な、病気になってから、治すんはたいへんやからな『みんな、生きろよ』『生きろっ!』」

ラスール・バトラーのお墓 追悼サイト

ラスール・バトラー は、アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア出身のプロバスケットボール選手。NBAのニューオーリンズ・ホーネッツなどに所属していた。201cm、98kgのスウィングマン。ラシュアル、ラジュアルの表記も見られる。

アゼリオ・ビチーニのお墓 追悼サイト

アゼリオ・ビチーニさんの残した言葉

「相手から攻め込まれたとき、サッカーは11人で守るのが当然だ。守って、守って、苦しみながらも最後には勝つ。本当の、『生きた』サッカーとはそういうものだ。」

レオニド・カデニュークのお墓 追悼サイト

レオニド・カデニュークは、チェルニウツィー州Klishkivtsi出身のウクライナ人宇宙飛行士である。独立後のウクライナでは唯一の宇宙飛行士である。1977年にコロンビアに搭乗し、STS-87で宇宙飛行した。カデニュークはウクライナ空軍の少将の地位にある。

ジョン・ウェットンのお墓 追悼サイト

ジョン・ウェットンさんの残した言葉

「何かをするためには、強力な欲求が必要だ。欲求があれば、他のことは自ずと解決がつく。これまでの自分の人生では、大概そのとおりになったよ。意志あるところに道は開かれるってやつさ。」

時天空のお墓 追悼サイト

時天空 慶晃は、モンゴル国ウランバートル市出身で時津風部屋所属の元大相撲力士。東京農業大学国際食料情報学部卒業。愛称は「フチェ」。実際に生まれ育ったのはウランバートル市内だが、取組前の場内アナウンスでは父親の出身地であるトゥブ県アルタンボラグ村を自身の出身地としている。

中尊寺ゆつこ のお墓 追悼サイト

中尊寺 ゆつこは、日本の漫画家である。1990年代を中心に活躍し、「オヤジギャル」などの流行語を生んだ。 本名:小林 幸子、旧姓:藤原。

桂文治(10代目)のお墓 追悼サイト

10代目桂 文治は、東京都豊島区出身の落語家で南画家。落語芸術協会会長。落語江戸桂派宗家。血液型はO型。本名は関口達雄。父は同じく落語家初代柳家蝠丸。出囃子は『武蔵名物』。

ジャイアント馬場のお墓 追悼サイト

ジャイアント馬場さんの残した言葉

「成り行きと言うと無責任なイメージを持つけどこれほど強いものはない。つまり、自然の流れに逆らわずに正直に生きるってこと。」