タグ: 8月

有名人の命日:8月にお亡くなりになった方々の一覧です。 故人を偲ぶ、あなたの気持ちをお届けいたします。

キャロル・シェリーのお墓 追悼サイト

キャロル・シェリーは、イギリスの女優。母親は歌手、父親は作曲家。1965年、ブロードウェイにてThe Odd Coupleにグウェンドリン役で出演。1968年には映画版に同じ役で出演した。

Rayのお墓 追悼サイト

Rayは、日本の女子プロレスラー。 我闘姑娘生え抜き第1号だったが2007年3月18日の息吹興行でエスオベーションへの移籍を発表して同時にリングネームを「零」から改名。2011年3月よりアイスリボン所属。2012年5月より再びフリー。

ヴァネッサ・マルケスのお墓 追悼サイト

ヴァネッサ・マルケスは、アメリカ合衆国の女優。アメリカのテレビドラマシリーズ『ER緊急救命室』の第1シーズンから第3シーズンまで登場した看護師ウェンディ・ゴールドマン役や、1988年の教師ドラマ映画『落ちこぼれの天使たち』の生徒アナ・デルガド役で知られる。

鳥井実のお墓 追悼サイト

鳥井実は、北海道三石郡三石町出身の作詞家。1964年に「すすきのブルース」でデビュー。再び東京へ戻ると、1967年の「命かれても」(森進一)が100万枚を超すヒット曲になる。その後も「だんな様」(三船和子)、「娘よ」(芦屋雁之助)などコンスタントにヒット曲を飛ばす。

上原まり のお墓 追悼サイト

上原 まりは日本の女性で筑前琵琶演奏家、元宝塚歌劇団娘役でもある。 兵庫県神戸市、神戸市立湊川高等学校出身。公称身長157センチ、血液型A型。愛称ヨーコちゃん。 芸名は「姓は女優・上原美佐、名は幼少より親しかった友人にちなんで」命名した。

藤田六郎兵衛重昭のお墓 追悼サイト

藤田六郎兵衛重昭は、能楽笛方藤田流十一世宗家。能楽師の傍ら、オペラやミュージカルにも出演。能楽でもオーケストラとの共演など伝統の枠を超えた舞台で知られる。2005年愛・地球博(愛知万博)では、能と狂言の合同公演で企画・構成・演出を担当。コンピューターグラフィックスを取り入れるなど大胆な舞台は好評を博した。11年に文化庁芸術祭大賞を受賞。

ニール・サイモンのお墓 追悼サイト

ニール・サイモンさんの残した言葉

「『それは危険な賭けだ』と言われても気にするな。ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の絵を天井ではなく床に描いていたら、今頃は擦れて消えているに違いない。」

インゲ・ボルクのお墓 追悼サイト

インゲ・ボルクは、ドイツ出身のソプラノ歌手。 マンハイムにインゲボルク・シモンとして生まれる。ウィーンのブルク劇場のラインハルト・セミナーに参加して演劇の勉強をしたが、ミラノで声楽を学んで歌手への道を歩むようになった。

麻生美代子のお墓 追悼サイト

麻生美代子のお墓 追悼サイト

麻生 美代子は、日本の声優、女優。東京俳優生活協同組合所属。 東京・田端生まれ、御徒町育ち。血液型はA型。身長150cm。本名は左近允 美代。夫は音響ディレクターの左近允洋。

リンゼイ・ケンプのお墓 追悼サイト

リンゼイ・ケンプは、イギリス出身の舞踊家、俳優、教師、マイムアーチスト、振付家。ケンプのダンスパフォーマンスは、大野一雄らの前衛舞踏、パントマイム、ブルレスク、ミュージックホールの演劇を融合/折衷させたようなスタイルである。デヴィッド・ボウイやケイト・ブッシュにダンスとパントマイムを教えた。

石弘光のお墓 追悼サイト

石 弘光さんの残した言葉

「これからは日本人も国際社会で外国人と丁々発止やっていかなければならない。そうした状況下、人前で胸を張って、自分の意見を開陳できないようではお話にならない。」

古谷蒼韻のお墓 追悼サイト

古谷 蒼韻は、日本の書家、文化功労者。1961年日展特選、1981年日展内閣総理大臣賞。1985年「万葉・秋雑歌」で日本芸術院賞。

ハビエル・オチョアのお墓 追悼サイト

ハビエル・オチョア・パラシオスは、スペイン・バスク地方のビスカヤ県バラカルド出身の自転車競技選手。 一般競技選手時代はケルメ・コスタ・ブランカに所属していた。