タグ: 4月

有名人の命日:4月にお亡くなりになった方々の一覧です。 故人を偲ぶ、あなたの気持ちをお届けいたします。

東海林修のお墓 追悼サイト

東海林 修は、日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者。静岡県出身。乙女座、血液型はO型。「可愛いベイビー」など人気歌謡曲のアレンジから吹奏楽、アニメ音楽の作曲まで幅広く手がけた。

木下忠司のお墓 追悼サイト

木下 忠司は、日本の作曲家。兄・木下恵介が監督した映画の音楽を数多く手掛けた。1954年、『女の園』と『この広い空のどこかに』(小林正樹監督)の音楽で毎日映画コンクール音楽賞を受賞する。1957年の恵介監督『喜びも悲しみも幾歳月』の主題歌は映画とともにヒット曲となった。特に1969年から放送されているTBSの時代劇『水戸黄門』の主題歌である「ああ人生に涙あり」も広く知られていた。

三浦哲郎のお墓 追悼サイト

三浦 哲郎は、日本のサッカー指導者。静岡県出身。 Jリーグの名古屋グランパスエイトで、1992年にサテライトコーチに就任。1994年11月、ゴードン・ミルン監督の後にヘッドコーチの三浦が2試合の監督代行を務めた。翌年はスカウト担当として強化部に転属。

竹本住大夫(7代目)のお墓 追悼サイト

竹本住大夫(7代目)は、人形浄瑠璃の語り手。義太夫節の太夫。7代を数える。芸名の由来は初代の出身地であった摂津国住吉に由来する。1989年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

朝丘雪路のお墓 追悼サイト

朝丘 雪路は、日本の女優、タレント、歌手。本名は加藤 雪会。旧姓・勝田。 東京市京橋区築地生まれ。元宝塚歌劇団月組娘役。父は日本画家の伊東深水。夫は津川雅彦、娘は真由子。義兄は長門裕之、義姉は南田洋子。日舞の深水流家元として、深水 美智雪の名を持つ。

チャールズ・ネヴィルのお墓 追悼サイト

チャールズ・ネヴィルは、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのネヴィル家4兄弟が1977年に結成したR&Bバンド、ネヴィル・ブラザーズのサックス担当。

永井洋二郎のお墓 追悼サイト

永井洋二郎のお墓 追悼サイト

永井 洋二郎は、秋田県出身のプロ野球選手。専修大学を経て1949年に読売ジャイアンツに入団。同年2試合に出場するも、翌1950年に引退。

衣笠祥雄のお墓 追悼サイト

衣笠 祥雄さんの残した言葉

「誰にも好きなことはあるだろう。やっていて飽きないことがあるだろう。だからお父さんは言うんだよ。何でも好きなことをしなさいって。好きなことには、きみたちの素質があるからなんだ。」

三木多聞のお墓 追悼サイト

三木多聞のお墓 追悼サイト

三木 多聞は、日本の美術評論家。三木宗策の子として東京に生まれる。早稲田大学文学部卒。東京国立近代美術館勤務、文化庁文化財保護部企画官を経て、1986年、国立国際美術館長、1992年、徳島県立近代美術館長、のち顧問、東京都写真美術館館長、のち名誉館長。2000年、勲三等旭日中綬章を受章。

ベニー・カニンガムのお墓 追悼サイト

ベニー・カニンガムはサウスカロライナ州ローレンズ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはタイトエンド。 クレムゾン大学を卒業後、1976年のNFLドラフト1巡目28位でピッツバーグ・スティーラーズに指名されて入団した。1年目から先発出場を果たしたが、故障によりシーズン絶望となった。

岸信行のお墓 追悼サイト

岸 信行は、日本の空手家。極真会館出身で、独立後、山形県新庄市に本部を置く岸空手道場の師範を務めた。

田中宏暁のお墓 追悼サイト

田中 宏暁さんの残した言葉

「人間は、糖と脂肪の2つの燃料を積んだハイブリッドカーです。『ニコニコペース』は、この2つの燃料を、その特性に合わせて最も効率的に使うことができる走り方なんです」