タグ: 鎌倉市

末吉暁子のお墓

末吉 暁子は日本の児童文学作家。ロングセラー「ぞくぞく村のおばけ」シリーズや「ざわざわ森のがんこちゃん」のような、幼い子どもの心をつかむ楽しい幼年童話と、論理性と空想性が一致した長編ファンタジーの分野との両輪で書き続けた。女性ながら、恐竜や怪獣を使った作品が多いのも特徴の一つ。

阿川弘之のお墓

阿川 弘之は、日本の小説家、評論家。 広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。

赤瀬川原平のお墓

赤瀬川 原平は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校油絵学科中退。 兄は直木賞作家の赤瀬川隼。姉の赤瀬川晴子は帽子作家。

淡路恵子のお墓

淡路 恵子は、日本の女優。本名は井田 綾子。

丸谷才一のお墓

丸谷 才一は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までをのぞいて、歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。

正力亨のお墓

正力 亨は、日本の実業家正力松太郎の長男で、読売新聞グループ本社社主、読売ジャイアンツオーナーなどを務めた。慶應義塾普通部を経て、1942年に慶應義塾大学経済学部卒業。

大沢啓二のお墓

大沢 啓二は、神奈川県藤沢市出身の元プロ野球選手・コーチ・監督、解説者・評論家。 「大澤」と表記されることもある。本名は大沢 昭、旧名は大沢 昌芳。愛称は「親分」「大沢親分」「大沢の親分」。

井上ひさしのお墓

井上 ひさしは、日本の小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。本名は井上 廈。1961年から1986年までの本名は内山 廈。遅筆堂を名乗ることもあった。 日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長などを歴任した。

石本美由起のお墓

石本 美由起は、広島県大竹市立戸出身の作詞家。昭和の歌謡界を代表する作詞家の一人である。本名は美幸。