タグ: 鎌倉市

藤村俊二のお墓 追悼サイト

藤村 俊二さんの残した言葉

「この世でいちばん愉快なことは、何かを持っていることではなく、何かを経験できる瞬間です」

「長い目で見れば、生まれつき利口者や金持ちよりも、運がいいやつがいい。」

末吉暁子のお墓 追悼サイト

末吉 暁子は日本の児童文学作家。ロングセラー「ぞくぞく村のおばけ」シリーズや「ざわざわ森のがんこちゃん」のような、幼い子どもの心をつかむ楽しい幼年童話と、論理性と空想性が一致した長編ファンタジーの分野との両輪で書き続けた。女性ながら、恐竜や怪獣を使った作品が多いのも特徴の一つ。

阿川弘之のお墓 追悼サイト

阿川 弘之さんの残した言葉

「『自分はこういう人間だ』などと決めつけるのは何とももったいないことです。人はどんどん変わっていける。」

高倉健のお墓 追悼サイト

高倉 健さんの残した言葉

「いい風に吹かれたいですよ。きつい風ばかりに吹かれていると、人に優しくなれないんです。待っていてもいい風は吹いてきません。旅をしないと。」

赤瀬川原平のお墓 追悼サイト

赤瀬川 原平さんの残した言葉

「アバウトは健康にいい。」

「イエスとノーのあいだに真実が息づいている。」

大島渚のお墓 追悼サイト

大島 渚さんの残した言葉

「きっぱりノーと言うことは、人生を楽にしてくれる方法なんです」

丸谷才一のお墓 追悼サイト

丸谷 才一さんの残した言葉

「食通に講釈をさせるのはよい。しかし料理をさせてはいけない」

正力亨のお墓 追悼サイト

正力 亨は、日本の実業家正力松太郎の長男で、読売新聞グループ本社社主、読売ジャイアンツオーナーなどを務めた。慶應義塾普通部を経て、1942年に慶應義塾大学経済学部卒業。

大沢啓二のお墓 追悼サイト

大沢 啓二さんの残した言葉

「人間にはわらじをつくる人、みこしを担ぐ人、みこしに乗る人がいる。 誰が一番偉いんじゃなくてよ、それぞれ与えられた役割をまっとうすることが大事なんだ。」

井上ひさし のお墓 追悼サイト

井上 ひさしさんの残した言葉

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに書くこと。」

石本美由起のお墓 追悼サイト

石本 美由起は、広島県大竹市立戸出身の作詞家。昭和の歌謡界を代表する作詞家の一人である。本名は美幸。

石立鉄男のお墓 追悼サイト

石立 鉄男さんの残した言葉

「俳優は夢を売る仕事だから、だから素顔は見せない。」

青江三奈のお墓 追悼サイト

青江 三奈は、日本の歌手。本名は井原 静子。芸能活動におけるプロフィールでは生年月日を1945年7月7日としていた。東京都江東区砂町出身。成徳学園高等部卒業。

木下恵介のお墓 追悼サイト

木下 惠介は、日本の映画監督、脚本家。本名は同じ。日本映画の黄金期を築いた一人で、抒情的な作風で知られ、数多くの名作・話題作を生み出した。弟は作曲家の木下忠司、妹は脚本家の楠田芳子。監督としての映画の名前の表記は1960年代には「恵介」が混在している。

黒澤明のお墓 追悼サイト

黒澤 明さんの残した言葉

「悪魔のように細心に、天使のように大胆に」

「悪いところは誰でも見つけられるけれど、いいところを見つけるのは、そのための目を磨いておかないとできない」

萬屋錦之介のお墓 追悼サイト

萬屋 錦之介は、中村 錦之助として歌舞伎役者、屋号は萬屋、定紋は桐蝶。また映画・テレビの時代劇俳優。映画・舞台制作会社中村プロダクション社長。愛称は萬錦。東映俳優労働組合委員長。 本名は小川 錦一。

開高健のお墓 追悼サイト

開高 健さんの残した言葉

「何かを得れば、何かを失う、そして何ものをも失わずに次のものを手に入れることはできない」