タグ: 神奈川県

藤村俊二のお墓 追悼サイト

藤村 俊二さんの残した言葉

「この世でいちばん愉快なことは、何かを持っていることではなく、何かを経験できる瞬間です」

「長い目で見れば、生まれつき利口者や金持ちよりも、運がいいやつがいい。」

末吉暁子のお墓 追悼サイト

末吉 暁子は日本の児童文学作家。ロングセラー「ぞくぞく村のおばけ」シリーズや「ざわざわ森のがんこちゃん」のような、幼い子どもの心をつかむ楽しい幼年童話と、論理性と空想性が一致した長編ファンタジーの分野との両輪で書き続けた。女性ながら、恐竜や怪獣を使った作品が多いのも特徴の一つ。

北の湖(第55代横綱)のお墓 追悼サイト

北の湖さんの残した言葉

「自分が負けた時に相手から手を貸されたら屈辱だと思うから、自分も相手に手を貸すことはしない」

「強くならなくても人間は頑張るのが当たり前、 人間誰でも頑張るのが一番」

阿川弘之のお墓 追悼サイト

阿川 弘之さんの残した言葉

「『自分はこういう人間だ』などと決めつけるのは何とももったいないことです。人はどんどん変わっていける。」

高倉健のお墓 追悼サイト

高倉 健さんの残した言葉

「いい風に吹かれたいですよ。きつい風ばかりに吹かれていると、人に優しくなれないんです。待っていてもいい風は吹いてきません。旅をしないと。」

赤瀬川原平のお墓 追悼サイト

赤瀬川 原平さんの残した言葉

「アバウトは健康にいい。」

「イエスとノーのあいだに真実が息づいている。」

佐野実のお墓 追悼サイト

佐野 実さんの残した言葉

「63年間の人生でいちばん楽しかったことはお前に出会ったことだよ…」(妻へ)

桜塚やっくん のお墓 追悼サイト

桜塚やっくんさんの残した言葉

「みんなが喜んでくれれば、ぼくも自然にハッピーになれる。 本当に大切なのは、同じ場所に居ることではなく、同じ目標に向かっていくこと。」

長門勇のお墓 追悼サイト

長門 勇は、日本の俳優、声優。三木プロダクション所属。岡山県倉敷市出身。

星野麥丘人のお墓 追悼サイト

星野 麥丘人は俳人。本名、星野重蔵。東京府生まれ。1945年、昼間槐秋に俳句の手ほどきを受け、1946年「鶴」入会、石田波郷、石塚友二に師事。1953年、石川桂郎に代わり編集を担当。1964年、「鶴」発行所をあずかり、編集兼発行責任者となる。1976年、第一句集『弟子』を刊行。

大島渚のお墓 追悼サイト

大島 渚さんの残した言葉

「きっぱりノーと言うことは、人生を楽にしてくれる方法なんです」

丸谷才一のお墓 追悼サイト

丸谷 才一さんの残した言葉

「食通に講釈をさせるのはよい。しかし料理をさせてはいけない」

尾崎紀世彦のお墓 追悼サイト

尾崎 紀世彦さんの残した言葉

「歌は白で送って、聞いてくださるお客様が色をつけて、良い思い出に、良いメモリーにしていただくとうれしい。」

中原早苗のお墓 追悼サイト

中原 早苗は、東京市四谷区出身の女優。 夫は映画監督の深作欣二、同じく映画監督の深作健太は長男である。

真樹日佐夫のお墓 追悼サイト

真樹 日佐夫さんの残した言葉

「稽古は続けることが大事なんだぞ。例え月に1回でも1年で12回なんだ。それでも続けたことになるんだぞ。まとまった時間なんて作ろうと思っても出来ないんだ。やれるときにやれ。わかったか?」

正力亨のお墓 追悼サイト

正力 亨は、日本の実業家正力松太郎の長男で、読売新聞グループ本社社主、読売ジャイアンツオーナーなどを務めた。慶應義塾普通部を経て、1942年に慶應義塾大学経済学部卒業。