タグ: 京都府

松方弘樹のお墓 追悼サイト

松方 弘樹さんの残した言葉

「世の中、格差はあるんですよ。仲良くお手々つないでゴールとはいかない。人間は社会に出たら、絶対に競争にさらされる。でもね、だからこそ人間同士のコミュニケーションが大事になる。」

柳原良平のお墓 追悼サイト

柳原 良平は、日本のイラストレーター、漫画家、アニメーション作家、エッセイスト。東京都出身。神奈川県横浜市中区在住。「アンクルトリス」の産みの親として、また無類の船好きとしても知られる。過去には「帆船日本丸記念財団」の理事も務めていた。西村捨三のひ孫。

福田みどり のお墓 追悼サイト

福田 みどりさんの残した言葉

「わからないから興味を持ちつづけることもできる。全部わかったら嫌になるもの。」

森光子のお墓 追悼サイト

森 光子さんの残した言葉

「奪い合うと足りない。だけど、分け合えば余るから、不思議よね。」

山田五十鈴のお墓 追悼サイト

山田 五十鈴さんの残した言葉

「昔のことを思っていたらダメ。今、今日と明日のことだけを考えていればいい。そう自分に言い聞かせているの」

山城新伍のお墓 追悼サイト

山城 新伍さんの残した言葉

「無料で映画を見る人に、映画を語ってもらいたくない。」

田村高廣のお墓 追悼サイト

田村 高廣さんの残した言葉

「大丈夫。一生懸命想いを込めて作っていれば、その想いは必ず観てくれた人に届きますよ。」

乙羽信子のお墓 追悼サイト

乙羽 信子さんの残した言葉

「いつも闘いです。自分の古いものを捨て、いかに新しいものを出すか」

片岡千恵蔵のお墓 追悼サイト

片岡 千恵蔵は、日本の俳優。本名は植木 正義。 戦前・戦後期にわたって活躍した時代劇スターで、同時代の時代劇スターである阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、市川右太衛門、長谷川一夫とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。出演作品は300本を超える。

嵐寛寿郎のお墓 追悼サイト

嵐 寛壽郎は、日本の映画俳優、映画プロデューサーである。本名高橋 照一。 戦前・戦後期にわたって活躍した時代劇スターで、300本以上の映画に出演し、「アラカン」の愛称で親しまれた。

田宮二郎のお墓 追悼サイト

田宮 二郎は、日本の俳優・司会者。本名、柴田 吾郎。 1960年代から1970年代にかけて活躍し、代表作は映画『悪名』シリーズ、映画『白い巨塔』、クイズ番組『クイズタイムショック』の名司会、テレビドラマ『白い巨塔』など。 身長180cm、血液型B型。 妻は元女優の藤由紀子。

谷崎潤一郎のお墓 追悼サイト

谷崎 潤一郎さんの残した言葉

「どんな人間でも、大概一生に一度はその人間に相応した華々しい時期と云うものがある。」

阪東妻三郎のお墓 追悼サイト

阪東 妻三郎は、日本の歌舞伎俳優、映画俳優。本名田村 傳吉、サイレント映画時代に岡山 俊太郎の名で監督作がある。端正な顔立ちと高い演技力を兼ね備えた二枚目俳優として親しまれ、「阪妻」の愛称で呼ばれた。

中岡慎太郎のお墓 追悼サイト

中岡 慎太郎さんの残した言葉

「志とは目先の貴賎で動かされるようなものではない。今賤しいと思えるものが明日は貴いかもしれない。君子となるか小人となるかは家柄の中にない。君自らの中にあるのだ。」