松野莉奈のお墓

20件のフィードバック

  1. おまつ。 より:

    りななん、今まで本当にお疲れ様。
    なにごとにも一生懸命立ち向かうりななんが大好きでした。
    いつも笑顔だったりななん。
    まわりを一番に考えてたりななん。
    まけずに自分と戦ったりななん。
    できない事なんてないぐらい、頑張ったね。
    あれからエビ中は協力して頑張ってるよ。
    りななんの分まで頑張ってる。
    がんばる姿を空から見守っててね。
    とおまわりになってしまっても大丈夫。
    うたを届ける為に、エビ中は頑張っています。

    最後に、↑の文の一文字目を上から読んでね。

  2. 志賀瞬 より:

    りなちゃんなんで結婚する前にどうして亡くなったんだよ。ハグしたかった。会いたかった。僕は悲しい。

  3. 松野っち より:

    会いたいと願う。会いたいと思う。
    ただ、それだけなのに、胸が苦しい。
    伝えたいけど、きっと、叶わない気がする。
    だけど、思いは誰にも負けないよ。
    だから会おうね。何気ない笑顔で。

    莉奈。いつか会える日が来ると願っています。

  4. 松野ファミリー女子。 より:

    りななんがいなくなってから、色んな歌をりななんに見立ててる。
    例えば、Hey!Say!JUMPの曲で「Dear.」っていう曲。

    大切な人はいるの?って 聞かれる度にね あの日を思い出すよ
    何度も話した夢は まだ ずっと遠くて でも追い続けてるよ
    りななんがくれた想いこそ 私にとっては生きてく証

    Dear.今日のりななんは 明日のりななんは 笑ってますか?泣いてますか?
    私の声 そこに届いてますか?
    もう 今日の私も 明日の私も りななんしか 胸の真ん中にいない

    この歌、私から、りななんにおくるよ。
    大好き。

  5. 匿名希望 より:

    彼女の存在は、私は亡くなったというニュースを聞いて初めて知りましたが、18歳というと41歳の私から見て子供であってもよい年齢なのに、急病で私より先に亡くなったということがかわいそうでなりません。
    ただ、このことが自分の子供のような年齢の子でさえ急な病気で亡くなることがあるので、自分は今まで以上に健康には気をつけなければいけないと改めて思いました。
    どうぞ、安らかにお眠りください。

  6. 矢澤にこ(非公式) より:

    りなちゃん、エビ中のテレビみてたよ。
    訃報聞くまで元気そうな姿みせてくれてありがと。
    天国でも元気でいてほしいかも

  7. 宇喜多和史 より:

    この訃報を知って初めて松野莉奈さんを知りました。自分と同じ年の人がこんなにも若く亡くなり大変心苦しく思います。
    もしもう少しエビ中を早く知っていたらリリなん推しでした。そんな自分に悔やんでいます。松野莉奈さんを知ってエビ中を応援しようと思いましたが、もうこの世には生存しない。自分はそれが1番、1番、本当に1番辛いです…
    ただ、ファンや関係者や、残ったメンバーの心の奥、そこには必ずあなたがいます。
    もちろん、私にもいると信じています。
    ご冥福をお祈りします。

  8. 匿名 より:

    莉奈大好き

  9. いなほ より:

    りなちゃんが、いないエビ中は、寂しいです、りなちゃんが、大好きです、ご冥福をお祈りします。ゆっくり休んでください

  10. まっつんりななん より:

    りななん、やっぱり悲しいよ。
    エビ中++で、りななん、ひなたに言ってたよね。
    「ひなたがいないと、エビ中じゃないでしょ」って。
    その言葉、りななんに送るよ。
    「りななんがいないと、エビ中じゃないでしょ」って。
    いつも明るくて、たまにドジだけど、誰よりもエビ中を考えてた。
    エビ中を愛してくれてたんだよね。
    そんなりななんがいないのは、嫌だよ。
    りななんの死を知って、ずっと泣いてた。
    毎日毎日、りななんを思い出して、頑張った。
    でもね、無理だった。
    りななんがいないと、ダメなんだよ。
    今のエビ中は7人。
    りななんがいたら8人。
    見た目は7人でも、心は8人だから。
    だから、これだけは忘れないで。
    「エビ中はいつだって、りななんを忘れない」ということ。
    それを忘れたら、怒っちゃうからね?
    なんてね。
    りななんは、いつだって、エビ中のメンバー。
    だから、心配しないで。
    確かに、りななんには戻ってきてほしいけど、エビ中は大丈夫。
    エビ中は今も「頑張ってる途中」だから。

    最後に、りななんのお母さん、お父さん。
    りななんを生んでくれて、ありがとうございました。
    りななんに出会わせてくれて、ありがとうございました。
    心から感謝しています。
    りななんは、エビ中を愛していたと思います。
    エビ中と同じように、お母さんとお父さん、家族のことも。
    本当に、ありがとうございました。

    りななん、いつか私も、りななんの所にいくからね。
    それは、まだ少し先かもしれないけど、いつか。
    そして、エビ中を語ろう。
    りななんのエビ中への愛情、エビ中での思い出。
    沢山、聞かせてね。

    さようなら。いつか話すよ、その時まで。
    それは、りななんへの思い。

    週刊誌の中吊り。
    それは、りななんの急な死。

    一生、一緒、いいっしょ。
    それは、りななんとエビ中の絆。

    遠回りだっていい。
    それは、りななんの歩んだ道。

    現実は甘くはないと、大人は唾をはく。
    それは、りななんの死を認めた大人。

    テスト勉強も一夜漬け。本番で寝てしまったんだ。
    それは、りななんの青春。

    沢山の「りななん」がつまったエビ中。
    これからも大好きだよ。

    何度でも立ち上がれば、きっと神様は微笑むから。
    笑え、笑え、笑え。
    上を向いて。
    君に涙は似合わない。

    りななんに涙は似合わない。だから笑って。

    from.まっつんりななん(永遠にりななん推し)

追悼のコメント

お名前・コメント欄の入力は必須です。

コメント欄に画像を表示できます。 (JPEG only)