カテゴリー: 作家

高取英のお墓 追悼サイト

高取 英は、日本の劇作家、演出家、マンガ評論家、編集者。男性。月蝕歌劇団代表。京都精華大学マンガ学部マンガプロデュースコース学科教授、大正大学表現学部客員教授を務めた。

ジョン・テイラー・ガットのお墓 追悼サイト

ジョン・テイラー・ガットは、アメリカ合衆国の30年近く教員として働いた現役作家である。教えることに熱心で、教員を退職した後は現代義務教育のイデオロギーや歴史、またその結果を批判する複数の書物を出版している。

ホルスト・ボゼツキーのお墓 追悼サイト

ホルスト・オットー・オスカー・ボゼツキーはドイツの社会学者、作家。ベルリン生まれ。 2000年1月に年金付き退職をするまで、大学教員を務めた。推理作家としてドイツで大衆に広く知られている。

大塚勇三のお墓 追悼サイト

大塚 勇三は、日本の児童文学者、翻訳家。 旧満洲旧安東市生まれ。東京帝国大学法学部卒業。1957年から1966年まで平凡社に勤め、瀬田貞二と出会い、米英、ドイツ、北欧などの児童文学の翻訳に携わる。特にアストリッド・リンドグレーンの作品をほとんど翻訳、アルフ・プリョイセンの「スプーンおばさん」シリーズ、ルーネル・ヨンソンの「小さなバイキング」などの翻訳が著名である。ほか自身で民話の再話絵本も執筆した。

V・S・ナイポールのお墓 追悼サイト

ヴィディアダハル・スラヤプラサド・ナイポールは、イギリスの作家。トリニダードのインド人社会を舞台にした小説を数多く書き、コミカルな作風で高く評価され、1971年に『In a Free State』にてブッカー賞を受賞、2001年にノーベル文学賞を受賞した。イギリスに在住。1990年には文学への貢献によりナイトの称号を授与された。

凌力のお墓 追悼サイト

凌力は、中華人民共和国の小説家。本名は曾黎力。筆名は曾莉莉。代表作に小説『少年天子』。現職は中国作家協会全委、北京作家協会副主席。

アンソニー・ボーディンのお墓 追悼サイト

アンソニー・ボーデインは、アメリカ合衆国の作家、シェフ、番組司会者である。著書に「シェフの災難」、「キッチン・コンフィデンシャル」等がある。

ガードナー・ドゾワのお墓 追悼サイト

ガードナー・ドゾワは、アメリカのSF作家であり編集者。1984年から2004年までアシモフズ・サイエンス・フィクション誌の編集者であった。

村井志摩子のお墓 追悼サイト

村井 志摩子は、日本の劇作家・演出家である。国内での活動よりも、むしろ国際的な活躍が目立つ。本名は葛井志摩子で、プロデューサー葛井欣士郎は夫。筆名は井村愛。 広島県広島市出身。広島県立広島第一高等女学校卒業。東京女子大学卒業。舞台芸術学院で土方与志に学び、卒業後、チェコに留学。

加古里子のお墓 追悼サイト

加古 里子は、日本の絵本作家、児童文学者。工学博士、技術士。本名は、中島 哲。ペンネームの「里子」は俳号。かこさとし名義でも活動。

フィリップ・カーのお墓 追悼サイト

フィリップ・カーは、英国スコットランドの推理作家。2004年からは、P・B・カーという筆名で『ランプの精』というシリーズのファンタジーも発表している。