カテゴリー: 評論家

チャールズ・クラウトハマーのお墓 追悼サイト

チャールズ・クラウトハマーはアメリカのコラムニスト、評論家。FOXニュースにゲストコメンテーターとしてレギュラー出演している。ワシントンポスト、タイム、ウィークリー・スタンダード誌で執筆活動をしている。日本では統一教会の日刊紙『世界日報 』のコラム「ビューポイント」の常連寄稿者の一人。

松島利行のお墓 追悼サイト

松島 利行は、日本の映画評論家。三留まゆみは妻。 東京都に生まれる。東京外国語大学フランス語学科卒業後、毎日新聞社に入社。『サンデー毎日』編集部を経て、1979年2月より正式に毎日新聞の映画担当記者となる。その後、毎日新聞の映画・囲碁担当の編集委員も務めた。 日活芸術学院講師。

ジェラール・ジュネットのお墓 追悼サイト

ジェラール・ジュネットは、フランスの文学理論家。 パリ生まれ。1954年に高等師範学校で高等教育教授資格を取得して教職に就き、1967年から定年まで社会科学高等研究院に勤めた。

三木多聞のお墓 追悼サイト

三木多聞のお墓 追悼サイト

三木 多聞は、日本の美術評論家。三木宗策の子として東京に生まれる。早稲田大学文学部卒。東京国立近代美術館勤務、文化庁文化財保護部企画官を経て、1986年、国立国際美術館長、1992年、徳島県立近代美術館長、のち顧問、東京都写真美術館館長、のち名誉館長。2000年、勲三等旭日中綬章を受章。

権藤芳一のお墓 追悼サイト

権藤 芳一は、日本の古典芸能評論家。 京都生まれ。同志社大学文学部卒業。京都観世会事務所に30年勤務しながら能、歌舞伎評論を書く。大阪学院大学国際学部教授、2001年に定年退任。

永田生慈のお墓 追悼サイト

永田 生慈は、浮世絵研究家・評論家。 島根県津和野町生まれ。立正大学文学部卒業。浮世絵 太田記念美術館元副館長兼学芸部長。葛飾北斎作品のコレクションで知られ、郷里の津和野に葛飾北斎美術館を1990年に開設して館長を務めた。2017年、コレクション約1000点の島根県への寄贈を決めた。

西部邁のお墓 追悼サイト

西部 邁さんの残した言葉

「サーカスで使われるような、平衡を保つための棒を持たなければ人生は危なくて渡れるものではない。常識というのは、まさに この一本の棒だと思う。」

井家上隆幸のお墓 追悼サイト

井家上 隆幸は、日本の文芸評論家、コラムニスト。日本推理作家協会会員。 岡山県生まれ。岡山大学法文学部卒。1958年に三一書房に入社し編集者となり、小沢昭一「私は河原乞食考」、清水一行「兜町」などを担当。1972年に退社し「日刊ゲンダイ」創刊時の編集局次長。

日下部吉彦のお墓 追悼サイト

日下部 吉彦は、日本の音楽評論家、ジャーナリスト、合唱指揮者。京都府京都市生まれ。 元朝日放送解説委員で同局のニュース番組『たいむ6』初代キャスターを務めた。

松平修文のお墓 追悼サイト

松平修文のお墓 追悼サイト

松平 修文は、画家、美術評論家、歌人。歌人の王紅花は妻。

阿部進のお墓 追悼サイト

阿部 進さんの残した言葉

「子供と話すと、言葉遣いや流行など今の環境がリアルに分かり、それをヒントに次の授業に生かしていく。教育は生ものだから、立ち止まってちゃいけないんですよ。」

犬養道子のお墓 追悼サイト

犬養 道子さんの残した言葉

「止まるところを知らぬ、ダイナミズム・ムーブメントが人間であり、人の生である。」

ヨアヒム・カイザーのお墓 追悼サイト

ヨアヒム・カイザーは、ドイツの音楽評論家・作家。マルツェル・ライヒ=ラニツキと並びドイツを代表する評論家のひとりに数えられる

安井収蔵のお墓 追悼サイト

安井収蔵は、毎日新聞学芸部で美術を担当。退職後、山形県酒田市美術館長、茨城県しもだて美術館長、日動画廊顧問などを務めた。