カテゴリー: 伝統芸能

竹本住大夫(7代目)のお墓

竹本住大夫(7代目)は、人形浄瑠璃の語り手。義太夫節の太夫。7代を数える。芸名の由来は初代の出身地であった摂津国住吉に由来する。1989年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

権藤芳一のお墓

権藤 芳一は、日本の古典芸能評論家。 京都生まれ。同志社大学文学部卒業。京都観世会事務所に30年勤務しながら能、歌舞伎評論を書く。大阪学院大学国際学部教授、2001年に定年退任。

月亭可朝のお墓

初代月亭 可朝は、神奈川県横浜市出身、兵庫県西宮市在住の落語家・漫談家。本名は鈴木 傑。通称「カチョヤン」。 幕末以来の「月亭」の亭号を名乗り、弟子に月亭八方など、孫弟子に八光や方正などを持ち、「月亭一門」を形成している。定紋は月紋、または桂米朝一門の用いる結び柏。

立川左談次のお墓

立川 左談次は、落語家。本名は山岡 通之。東京都調布市出身。落語立川流に所属。出囃子は『あの町この町』。

露の慎悟のお墓

露の 慎悟は、兵庫県宝塚市出身の落語家。本名は紺井 重一。露の五郎兵衛事務所を離れ現在はフリーである。上方落語協会会員。

桂福車のお墓

桂 福車は大阪市東成区出身の落語家。本名は大津 康裕。生前は松竹芸能所属。

古今亭志ん駒のお墓

古今亭 志ん駒は、落語家の名。 後の初代金原亭馬の助が前座時代に名乗った。本名、伊東武。 当代。志ん駒改め馬の助の弟弟子。本項にて詳述。 古今亭 志ん駒は、埼玉県川口市出身の落語家。本名は徳永 一夫。落語協会所属。同協会理事を2006年から2010年まで務めた。出囃子は『越後獅子』。

柳家小蝠(5代目)のお墓

柳家 小蝠は、東京の落語家の名跡。当代は5代目。 後の5代目三升家小勝。 この間にもう1人いたとも思われる。 後の2代目柳家小せん。 後の五明楼春輔。本名:小野誠一。 後の2代目柳家蝠丸。 5代目柳家 小蝠は、群馬県高崎市矢中町出身の落語家。落語芸術協会所属。出囃子は『春雨のおくり』。

笑福亭仁勇のお墓

笑福亭 仁勇は大阪市出身の落語家。本名は山澤 健二。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。上方落語協会会員。