カテゴリー: オペラ

嶺貞子のお墓 追悼サイト

嶺 貞子は、日本の音楽家。 声楽家。イタリア古典歌曲の権威。イタリア歌曲の第一人者。東京藝術大学名誉教授、元二期会幹事、日本声楽アカデミー会員、日本音楽コンクール等の審査員。聖徳大学音楽学部では客員教授として活動をしている。

インゲ・ボルクのお墓 追悼サイト

インゲ・ボルクは、ドイツ出身のソプラノ歌手。 マンハイムにインゲボルク・シモンとして生まれる。ウィーンのブルク劇場のラインハルト・セミナーに参加して演劇の勉強をしたが、ミラノで声楽を学んで歌手への道を歩むようになった。

ミシェル・セネシャルのお墓 追悼サイト

ミシェル・セネシャルは、フランスのテノール歌手。優れた歌唱と演技で、性格テノール役、道化役の名手として長年にわたりフランスを中心にオペラとオペレッタで活躍した。

アレクサンドル・ヴェデルニコフのお墓 追悼サイト

アレクサンドル・フィリポヴィチ・ヴェデルニコフはソビエト連邦、ロシアのオペラ歌手(バス)。ボリショイ劇場ソリスト、ソ連人民芸術家(1976年授与)、ソビエト連邦国家賞受賞者。同名の息子アレクサンドル・ヴェデルニコフは指揮者となりボリショイ劇場の音楽監督を務めた。

ディミトリー・ホロストフスキーのお墓 追悼サイト

ディミトリィ・アリェクサンドロヴィチ・フヴァラストフスキィは、ロシア、クラスノヤルスク市出身のバリトンオペラ歌手・声楽家である。フォロストフスキー、フヴォロストフスキーとも。

佐々木成子のお墓 追悼サイト

佐々木成子は、ドイツ歌曲を得意とし、日本人として初めてオーストリアの芸術科学名誉十字勲章を受けた。

ニコライ・ゲッダのお墓 追悼サイト

ニコライ・ゲッダはスウェーデンに生まれ、ドイツ圏を中心に活躍したオペラ歌手。叙情的なテノールで一時代を築いた正統派ベルカント唱法の後継者。ハイCは軽々と、そして長いブレスに支えられ伸びやかに。その上ハイD、さらにファルセットーネでハイFまでの録音が残る。

ヨハン・ボタのお墓 追悼サイト

ヨハン・ボタは、南アフリカ出身のテノール歌手。 ルステンブルクの郵便局長の家に生まれる。幼時より父親の収集した古いレコードを聴いて歌に親しむ。10歳から17歳までジャーミラ・テレンガーに声楽を学んだ後、兵役で2年間空軍に所属し、軍の合唱団で歌った。

ダニエラ・デッシーのお墓 追悼サイト

ダニエラ・デッシーは、イタリアのソプラノ歌手。 ジェノヴァの生まれ。パルマ音楽院とシエナのキジアーナ音楽院にて学ぶ。1980年にイタリア放送協会主催の国際声楽コンクールで優勝し、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージの《奥様女中》でデビューを飾った。

中澤桂のお墓 追悼サイト

中澤 桂は日本の声楽家。 1959年、ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」の日本初演において主役「ルサルカ」役でオペラデビュー。團伊玖磨のオペラ「夕鶴」の「つう」役で国際的に知られた。

中島啓江のお墓 追悼サイト

中島 啓江さんの残した言葉

「私はこの体型が気に入っている。ダイエットなんて考えたこともない。それが私の生き方。」

「ありがとうは魔法のことば。」

マグダ・オリヴェロのお墓 追悼サイト

マグダ・オリヴェロは、イタリアの歌手。 イタリアを代表するソプラノの一人で、ヴェリズモ・オペラをレパートリーの中心に据えたほか現代作品も手掛けて活躍した。

リチア・アルバネーゼのお墓 追悼サイト

リチア・アルバネーゼは、イタリア出身のソプラノ歌手。 バーリの生まれ。地元でエマヌエーレ・デ・ローザ、ミラノでジュゼッピーナ・バルダザーレ=テデスキに師事し、1934年にミラノのリリコ劇場でプッチーニの《蝶々夫人》を歌ってデビューを飾った。