カテゴリー: 作詞家・作曲家

大中恩のお墓 追悼サイト

大中 恩さんの残した言葉

「歌で一番大切なものは詩だと思っています。時々先に曲を作ることもありますが、やはり先に詩があって、その詩に感動して作曲家が曲をつくるものだと思うのです。」

川崎優のお墓 追悼サイト

川崎 優は、日本の作曲家、指揮者。父はオペラ歌手の川崎豊。70年の大阪万博の「万国博マーチ」や、毎年8月63日の広島平和記念式典で流される「祈りの曲第1『哀悼歌』」を作曲した。

ハロルド・ファーバーマンのお墓 追悼サイト

ハロルド・ファーバーマンはアメリカ合衆国の指揮者・作曲家・打楽器奏者。 打楽器をジュリアード音楽学校で学び、作曲をニューイングランド音楽院やタングルウッド音楽センターでアーロン・コープランドに師事する。1951年にボストン交響楽団に、正規の最年少の楽団員として入団する。

フランシス・レイのお墓 追悼サイト

フランシス・レイは、フランス・ニース出身の作曲家。アコーディオン奏者から作曲家に転身した。 多くの映画音楽を作曲。特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビによる作品は良く知られている。また、『恋人たちのメロディー』『愛と哀しみのボレロ』『流れ者』では出演もしている。1970年度アカデミー作曲賞受賞。

ステルヴィオ・チプリアーニのお墓 追悼サイト

ステルヴィオ・チプリアーニは、イタリア・ローマ出身の作曲家。 甘く美しいメロディを作曲することで定評があり、イタリアを中心にヨーロッパ各国の映画界で活躍している。代表作に『ベニスの愛』 Anonimo veneziano、『ラストコンサート』 Dedicato a una stellaなど。

鳥井実のお墓 追悼サイト

鳥井実は、北海道三石郡三石町出身の作詞家。1964年に「すすきのブルース」でデビュー。再び東京へ戻ると、1967年の「命かれても」(森進一)が100万枚を超すヒット曲になる。その後も「だんな様」(三船和子)、「娘よ」(芦屋雁之助)などコンスタントにヒット曲を飛ばす。

東海林修のお墓 追悼サイト

東海林 修は、日本の作曲家、編曲家、シンセサイザー奏者。静岡県出身。乙女座、血液型はO型。「可愛いベイビー」など人気歌謡曲のアレンジから吹奏楽、アニメ音楽の作曲まで幅広く手がけた。

木下忠司のお墓 追悼サイト

木下 忠司は、日本の作曲家。兄・木下恵介が監督した映画の音楽を数多く手掛けた。1954年、『女の園』と『この広い空のどこかに』(小林正樹監督)の音楽で毎日映画コンクール音楽賞を受賞する。1957年の恵介監督『喜びも悲しみも幾歳月』の主題歌は映画とともにヒット曲となった。特に1969年から放送されているTBSの時代劇『水戸黄門』の主題歌である「ああ人生に涙あり」も広く知られていた。

中元清純のお墓 追悼サイト

中元 清純は、日本の作曲家。1952年以来、主として宝塚歌劇団の音楽を担当する。宝塚歌劇団理事、宝塚音楽学校声楽担当などの要職を務める。兵庫県神戸市出身。 著書に「琵琶の教科」がある。1970年に開催された日本万国博覧会では、閉会式のプロデューサーを担当した。