カテゴリー: 児童文学作家

大塚勇三のお墓 追悼サイト

大塚 勇三は、日本の児童文学者、翻訳家。 旧満洲旧安東市生まれ。東京帝国大学法学部卒業。1957年から1966年まで平凡社に勤め、瀬田貞二と出会い、米英、ドイツ、北欧などの児童文学の翻訳に携わる。特にアストリッド・リンドグレーンの作品をほとんど翻訳、アルフ・プリョイセンの「スプーンおばさん」シリーズ、ルーネル・ヨンソンの「小さなバイキング」などの翻訳が著名である。ほか自身で民話の再話絵本も執筆した。

ポーラ・フォックスのお墓 追悼サイト

ポーラ・フォックスは、アメリカ人児童文学作家である。 1923年、アメリカ合衆国・ニューヨーク生まれ。1974年にニューベリー賞、1978年に国際アンデルセン賞、1983年に全米図書賞、2008年にドイツ児童文学賞を受賞した。

末吉暁子のお墓 追悼サイト

末吉 暁子は日本の児童文学作家。ロングセラー「ぞくぞく村のおばけ」シリーズや「ざわざわ森のがんこちゃん」のような、幼い子どもの心をつかむ楽しい幼年童話と、論理性と空想性が一致した長編ファンタジーの分野との両輪で書き続けた。女性ながら、恐竜や怪獣を使った作品が多いのも特徴の一つ。

長田弘のお墓 追悼サイト

長田 弘さんの残した言葉

「この世でいちばん難しいのは、いちばん簡単なこと。」

「いつかはきっと いつかはきっとと思いつづける。それがきみの冒した間違いだった。」

松谷みよ子のお墓 追悼サイト

松谷 みよ子さんの残した言葉

「姉という存在がいるのは、すばらしいことです。仕事でも生活でも指針になりますし、自分を見つめなおすこともできます。」

「おねがいだから石を投げないで。あなたたちには遊びでも、わたしには命のもんだいだから。」