カテゴリー: 文学

ホルスト・ボゼツキーのお墓 追悼サイト

ホルスト・オットー・オスカー・ボゼツキーはドイツの社会学者、作家。ベルリン生まれ。 2000年1月に年金付き退職をするまで、大学教員を務めた。推理作家としてドイツで大衆に広く知られている。

大塚勇三のお墓 追悼サイト

大塚 勇三は、日本の児童文学者、翻訳家。 旧満洲旧安東市生まれ。東京帝国大学法学部卒業。1957年から1966年まで平凡社に勤め、瀬田貞二と出会い、米英、ドイツ、北欧などの児童文学の翻訳に携わる。特にアストリッド・リンドグレーンの作品をほとんど翻訳、アルフ・プリョイセンの「スプーンおばさん」シリーズ、ルーネル・ヨンソンの「小さなバイキング」などの翻訳が著名である。ほか自身で民話の再話絵本も執筆した。

さくらももこ のお墓 追悼サイト

さくら ももこは、日本の漫画家・作詞家・脚本家。 静岡県静岡市清水区出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。血液型はA型。身長159cm。 一男の母親。

V・S・ナイポールのお墓 追悼サイト

ヴィディアダハル・スラヤプラサド・ナイポールは、イギリスの作家。トリニダードのインド人社会を舞台にした小説を数多く書き、コミカルな作風で高く評価され、1971年に『In a Free State』にてブッカー賞を受賞、2001年にノーベル文学賞を受賞した。イギリスに在住。1990年には文学への貢献によりナイトの称号を授与された。

美村あきの のお墓 追悼サイト

美村 あきのは、日本の漫画家。東京都出身。本名は岡島 和子。1977年、『わたしの理想のあなたさま』(『別冊少女フレンド』)でデビュー。以降、『別冊フレンド』『mimi』『BE・LOVE』を中心に作品を発表。代表作に『セント=ブラウンの童話』、『すくうるでいず』、『伝説の少女』などがある。