カテゴリー: 文学

横田順彌のお墓 追悼サイト

横田 順彌は、作家・明治文化史研究家。愛称は「ヨコジュン」。「横田 順弥」と表記されることもある。真木 じゅん名義による著書もある。

三輪秀彦のお墓 追悼サイト

三輪秀彦のお墓 追悼サイト

三輪 秀彦は、フランス文学者、翻訳家。元明治大学教授。 愛知県名古屋市生まれ。1953年東京大学文学部仏文科卒。國學院大學講師などを経て、1966年に明治大学講師となり、1973年以降助教授、のち教授を2001年まで務めた。

二月河のお墓 追悼サイト

二月河は、中国の小説家。本名は凌解放。中国共産党員。 代表作に『雍正王朝』、『康熙大帝』、『乾隆皇帝』など。

ヴィルヘルム・ゲナツィーノのお墓 追悼サイト

ヴィルヘルム・ゲナツィーノは、ドイツの作家。 マンハイムに生まれる。アビトゥーアに合格後、『ライン=ネッカー新聞』 での見習いを経て、フランクフルト大学に入学しドイツ学や社会学、哲学を学んだ。1965年『ラスリーン通り』 で小説家としてデビュー。

ウィリアム・ブルムのお墓 追悼サイト

ウィリアム・ブルムはアメリカ合衆国の作家、歴史家、外交問題評論家。大学では会計学を学んでおり、1960年代半ばアメリカ合衆国国務省にてコンピュータ関連の部署に就く。当初は外交官を目指す反共派であったが、ベトナム戦争で幻滅するに至った。以降、アメリカ合衆国が行ってきた戦争犯罪・国家犯罪を次々と暴露している。

高取英のお墓 追悼サイト

高取 英は、日本の劇作家、演出家、マンガ評論家、編集者。男性。月蝕歌劇団代表。京都精華大学マンガ学部マンガプロデュースコース学科教授、大正大学表現学部客員教授を務めた。

長谷邦夫のお墓 追悼サイト

長谷 邦夫は、日本の漫画家、漫画評論家、元大垣女子短期大学・椙山女学園大学・中京大学・宇都宮アート&スポーツ専門学校等の講師。元日本マンガ学会理事。赤塚不二夫の長年のブレーン役。パロディ漫画におけるパイオニアとして知られる。

森比左志のお墓 追悼サイト

森 比左志は、日本の児童文学作家、翻訳家、教育評論家。もりひさし名義を用いることもある。本名、森久保 仙太郎。神奈川県津久井郡出身。

金庸(キン・ヨウ)のお墓 追悼サイト

金 庸は中国の小説家。香港の『明報』とシンガポールの『新明日報』の創刊者。武俠小説を代表する作家で、その作品は中国のみならず、世界の中国語圏で絶大な人気を誇る。本名は査 良鏞。金庸とは筆名であり、本名の「鏞」の字を偏と旁に分けたものである。

ジョン・テイラー・ガットのお墓 追悼サイト

ジョン・テイラー・ガットは、アメリカ合衆国の30年近く教員として働いた現役作家である。教えることに熱心で、教員を退職した後は現代義務教育のイデオロギーや歴史、またその結果を批判する複数の書物を出版している。

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美魚目のお墓 追悼サイト

宇佐美 魚目は、愛知県出身の俳人、書家。本名は和男。名古屋市生まれ、愛知県第一中学校卒。19歳のとき父・野生の勧めで俳句をはじめ、翌年より「ホトトギス」に投句、高濱虚子、橋本鶏二に師事。また「牡丹」「桐の葉」でも学ぶ。1954年、愛知県愛知郡鳴海町にて書道塾を開く。

和久峻三のお墓 追悼サイト

和久 峻三は、日本の推理作家、弁護士。本名は古屋峻三。別名として夏目 大介。写真家としての顔も持ち、日本図書館協会選定図書の写真集『日本の原風景』も発表している。

ホルスト・ボゼツキーのお墓 追悼サイト

ホルスト・オットー・オスカー・ボゼツキーはドイツの社会学者、作家。ベルリン生まれ。 2000年1月に年金付き退職をするまで、大学教員を務めた。推理作家としてドイツで大衆に広く知られている。