カテゴリー: プロレス

ザ・デストロイヤーのお墓 追悼サイト

ザ・デストロイヤーは、アメリカ合衆国のプロレスラー。ニューヨーク州バッファロー出身のドイツ系アメリカ人。本名はリチャード・ジョン・ベイヤー(Richard John Beyer)、通称ディック・ベイヤー(Dick Beyer)。

ペドロ・モラレスのお墓 追悼サイト

ペドロ・モラレスは、アメリカ合衆国のプロレスラー。プエルトリコ・クレブラ島の出身だが、少年期に家族と共にニューヨークのブルックリンに移住。主にWWWFおよびWWFで活躍していた。ニックネームは「ラテンの魔豹」。

北尾光司のお墓 追悼サイト

北尾 光司は、三重県津市出身の元大相撲力士・元総合格闘家・元スポーツ冒険家・武道家、元プロレスラー。大相撲横綱時代(第60代横綱)の四股名は双羽黒 光司。

レス・ソントンのお墓 追悼サイト

レス・ソントンは、イギリス・マンチェスター出身のプロレスラー。 欧州のマット界を経て1970年代より北米に活動の拠点を移し、1980年代前半はNWA世界ジュニアヘビー級王者として活躍した。

アレックス・スミルノフのお墓 追悼サイト

アレックス・スミルノフは、カナダ・ケベック州出身のプロレスラー。 フランス系カナダ人であるが、キャリア全盛期はロシア系ギミックの悪役レスラーとして活躍、日本では「流血怪人」の異名で知られた。

レネ・ラサルテスのお墓 追悼サイト

レネ・ラサルテスは、ヨーロッパを主戦場としていたスイス出身の元プロレスラー。 ジャック・デ・ラサルテスまたはルードヴィッヒ・フォン・クラップのリングネームでも知られ、中欧の貴族出身を自称する高慢なヒールとして、欧州各国をはじめアメリカや日本でも活躍した。

ラリー・ヘニングのお墓 追悼サイト

ラリー・ヘニングは、アメリカ合衆国の元プロレスラー。ミネソタ州ミネアポリス出身。 “ミスター・パーフェクト” カート・ヘニングの父親であり、カーティス・アクセルことジョー・ヘニングの祖父。技巧派の息子や孫とは対照的に重量級のラフ&パワーファイターとして活躍した。

ダイナマイト・キッドのお墓 追悼サイト

ザ・ダイナマイト・キッドは、イギリス出身のプロレスラー。日本ではリングネームをそのまま直訳し「爆弾小僧」などの異名を持った。 英国マットを経てカナダのカルガリーで頭角を現し、1980年代後半はWWFでも活躍。

ホセ・ロザリオのお墓 追悼サイト

ホセ・ロザリオは、メキシコ出身の元プロレスラー。 メキシカン人口の多いアメリカ合衆国のテキサス州を主戦場に、技巧派のベビーフェイスとして活躍した。 トレーナーとして後進の指導にも尽力し、ジノ・ヘルナンデスやショーン・マイケルズなどのトップスターを育てた。

ディック・スレーターのお墓 追悼サイト

ディック・スレーターは、アメリカ合衆国のプロレスラー。フロリダ州タンパ出身。 日本では1980年前後の全日本プロレスにおいて、テリー・ファンクの弟分としてベビーフェイスでの人気を獲得したが、アメリカでは “ダーティー” ディック・スレーターを名乗り、主にヒールのポジションでNWAの南部テリトリーを中心に活動した。

ドン・レオ・ジョナサンのお墓 追悼サイト

ドン・レオ・ジョナサンは、アメリカ合衆国のプロレスラー。ユタ州ハリケーン出身。 ナチュラルな巨体と無類の身体能力を誇り、「ルー・テーズを超える」と評されるほどの実力者だったが、サイドビジネスの潜水企業運営に注力していたこともあり、メジャー団体のビッグタイトルには縁が無かった。

Rayのお墓 追悼サイト

Rayは、日本の女子プロレスラー。 我闘姑娘生え抜き第1号だったが2007年3月18日の息吹興行でエスオベーションへの移籍を発表して同時にリングネームを「零」から改名。2011年3月よりアイスリボン所属。2012年5月より再びフリー。

クリス・チャンピオンのお墓 追悼サイト

クリス・チャンピオンは、アメリカ合衆国のプロレスラー。主に、フロリダ選手権レスリングとジム・クロケット・プロモーションを含む様々なナショナル・レスリング・アライアンスのメンバーの地域で活躍。また、世界選手権レスリング(WCW)では、ヨシ・クワンとして知られています。

ビジャノ3号のお墓 追悼サイト

ビジャノ3号は、メキシコシティ出身のプロレスラー。ビジャノとはスペイン語で『極悪』の意味を持つ。本名:アントゥーロ・ディアス・メンドーサ。父はレイ・メンドーサ、兄弟は兄に1号、2号、弟に4号、5号、妻はラ・インフェルナル。