カテゴリー: 武将

井伊直弼のお墓

井伊 直弼は、幕末の譜代大名。
近江彦根藩の第15代藩主。
幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。
また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが、それらの反動を受けて暗殺された。
幼名は鉄之介、のち、鉄三郎。諱は直弼。

小山田茂誠のお墓

小山田茂誠のお墓

小山田 茂誠は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。
武田氏麾下の国衆小山田氏、後北条氏、真田氏の家臣。

伊達政宗のお墓

伊達 政宗は、出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。
仙台藩初代藩主。
伊達氏第16代当主・伊達輝宗と正室最上義守の娘・義姫の間に生まれた嫡男。
幼少時に患った疱瘡により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。

藤堂高虎のお墓

藤堂 高虎は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
伊予今治藩主。
後に伊勢津藩の初代藩主となる。
藤堂家宗家初代。
何度も主君を変えた戦国武将として知られる。

直江兼続のお墓

直江 兼続は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。
上杉氏の家老。
兜は「錆地塗六十二間筋兜」 立物は「愛字に端雲の立物」。

徳川家康のお墓

徳川 家康、または松平 元康は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。
江戸幕府の初代征夷大将軍。
三英傑の一人で「海道一の弓取り」の異名を持つ。

片倉小十郎(景綱)のお墓

片倉 景綱は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。
伊達氏の家臣。
伊達政宗の近習となり、のち軍師的役割を務めたとされる。

真田幸村(信繁)のお墓

真田 信繁は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
真田昌幸の次男。
通称は左衛門佐で、輩行名は源二郎。真田幸村の名で広く知られている。

加藤清正のお墓

加藤 清正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
肥後熊本藩初代藩主。通称は虎之助。
熊本では清正公さんと呼ばれて親しまれている。

本多忠勝のお墓

本多 忠勝は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。
徳川氏の家臣。
上総大多喜藩初代藩主、伊勢桑名藩初代藩主。
忠勝系本多家宗家初代。
本姓は藤原氏。
通称は平八郎。